VRライディングイメージ
ロードサイクリングは進化しました。現代のロードバイクに対するニーズは非常に多様になり、ダートを含むアドベンチャーライドやリラックスしたツーリング、または自転車通勤でもハイパフォーマンスロードを使いたいという声が聞かれるようになりました。そのニーズに応えるために、VRの開発がスタートしました。
 VRは、ハイスピードなトップレースとダウンヒルコースのようなオフロード以外であれば、これ1台で全てのライディングに対応します。広いタイヤクリアランスを確保しているため、ブロックタイヤを装備することでオフロードにも対応します。ペダリングの反応性に必要な横剛性はレーシングバイクと同等レベルまで高めて設計しているので、23Cタイヤを装着しハンドルを下げればレースにも対応します。
 もちろん剛性と柔軟性のバランスは失っていません。新形状のシートステーが垂直方向の柔軟性を飛躍的に高め、振動吸収性と路面追従性を獲得。そしてFELTロードらしい加速性と反応性がVRの特長です。VRがロードサイクリングの限界を破り、ライダー自身の限界も破るサポートをします。冒険へのパスポートの完成です。
GEOMETRY
FELTの経験が活きるマルチロードジオメトリー

 VRはZから引き継いだエンデュランスロードジオメトリーを基本としています。わずかに寝かせたヘッドアングルとロングホイールベースにより、ロードレーサーに特有のふらつきやすさを解消し安定性を向上。FELTが長年培ってきた設計により、ロードバイクらしいキビキビとした反応性は失っていません。
 ダートや通勤での使用も想定したVRは、スタックハイトが高くなり、より上体の起きたアップライトポジションに変更。操作性を高め視界を広く、バッグを背負ってのライディングにもフィットします。あらゆるライディングシーンでパフォーマンスを発揮するマルチロードジオメトリーです。
COMPLIANCE
ディスクブレーキ化により完成したシートステースプリング

 VRはディスクブレーキ化に伴い、全く新しいシートステー形状を採用しています。
応力分析の結果、シートステーブリッジは剛性に全く貢献しておらず、振動の吸収を妨げていることが分かりました。そこでエンジニアはブリッジを廃したシートステーのデザインをスタートしました。
 解析の結果、シートステーとシートチューブの厚い接合部は今まで考えていた以上に快適性に影響を与えていることが判明。シートステーのシートチューブとの接触点を最小限のものとし、トップチューブと一体化したデザインを採用しています。
 新形状によりフレーム全体の垂直方向の柔軟性は12%向上。リアステーはまるでスプリングのようにトップチューブを中心にしてリアエンドの動きを作り出します。ダートでも路面にしっかりグリップしパワーを逃さず、抜群の振動吸収性がライダーのパフォーマンスを高めます。
TIRE CLEARANCE
多様なライディングシーンに変幻自在に対応

 多くのライディングシーンを想定したVRには広いタイヤクリアランスを確保しています。チェーンステーのタイヤクリアランス幅は約42mm。これはタイヤの両側に6mmずつのクリアランスを必要とする国際標準化機構(ISO)の基準に則ると、30mmのタイヤ幅まで対応することになります。安全を確認した上で実際に装着可能なタイヤ幅の上限は35mmが目安です。
 広いタイヤクリアランスで高い汎用性を持つVRですが、ロードレーシングタイヤを装着した際もタイヤの性能をスポイルしない「ロードバイク」としてのスピード性能が特長です。
 23Cタイヤを装着すればレーシーに、35Cタイヤを装着すれば荒れた路面や街中の段差の振動を吸収しどこまでも走り続けることが可能です。
DISC BRAKES
天候も路面も選ばない
新しいスタンダード

 ディスクブレーキはロードバイクの新しいスタンダードです。より高いストッピングパワーとコントロール性能、そして安定したパフォーマンスを発揮します。
 フレーム側の規格はフラットマウントを採用。ブレーキキャリパーは油圧式、もしくは対向ピストン方式の機械式ディスクブレーキを採用しているため、ドロップハンドル用ブレーキレバーでも軽い引きを実現しています。チェーンステーのリアエンド付近は前後方向に扁平させディスクブレーキのストッピングパワーを受け止めます。扁平部は最小限にすることで、垂直方向の柔軟性の低下を防いでいます。
THRU-AXLES
ディスクブレーキの性能を引き出し、悪路走破性にも貢献

 VRにはMTBで信頼性が証明されているスルーアクスルを取り入れています。サイズは前後共に軽量な12mmスルー。従来のクイックリリースで付き物だったハブアクスルのズレを防ぎ、ディスクローターとブレーキパッドの接触や変速の狂いも解消。スルーアクスルの構造的にフレーム全体の剛性は飛躍的に高まり、パワー伝達性能と、悪路での安定感が向上しています。(※VR50、VR60のみQR仕様です。)
WEIGHT
ロードバイクのスピード性能を保証する軽量性

 タイヤクリアランスが広くなりオフロードにも対応するVRですが、ロードバイクに不可欠な軽量性は失っていません。走行性能と軽量性を両立させるために解析を重ねた新しいフレーム形状により、ヒルクライムにおいてもFELTロードらしい軽快な走行感は失っていません。
INTEGRATION
さらにVRのライディングを快適にするインテグレーション

 多様なライディングシーンに対応するため、VRはアクセサリーをスマートに装着するための工夫が施されています。
 トップチューブにはストレージボックスを装着するためのアイレットを装備。ボトルケージと同じ規格のアイレットで、市販の多くのストレージを装着可能です。
 全天候に対応するVRには、専用フェンダーを装着するためのアイレットも装備されています。加工をせずにシームレスにフェンダーが装着できるようになりました。
 アルミフレームの540mmサイズ以上には、ダウンチューブに2箇所のボトルケージアイレットを備え、合わせて3つのボトルもしくはツールボトルを携行可能です。
TIRE CLEARANCE
多様なライディングシーンに変幻自在に対応

 多くのライディングシーンを想定したVRには広いタイヤクリアランスを確保しています。チェーンステーのタイヤクリアランス幅は約42mm。これはタイヤの両側に6mmずつのクリアランスを必要とする国際標準化機構(ISO)の基準に則ると、30mmのタイヤ幅まで対応することになります。安全を確認した上で実際に装着可能なタイヤ幅の上限は35mmが目安です。
 広いタイヤクリアランスで高い汎用性を持つVRですが、ロードレーシングタイヤを装着した際もタイヤの性能をスポイルしない「ロードバイク」としてのスピード性能が特長です。
 23Cタイヤを装着すればレーシーに、35Cタイヤを装着すれば荒れた路面や街中の段差の振動を吸収しどこまでも走り続けることが可能です。
SUPER COMPACT GEAR
ギアレシオ1:1を実現

 フロントクランクに従来のコンパクトギア(最小ギア34t)よりもさらに小さい32t、もしくは30tをスペック。山岳ツーリングで用いられるランドナーに近い仕様です。20%を超える急坂でも楽に登れる回転数を維持できます。
 一方、トップギアではケイデンス90で時速50kmまで出せるので、ホビーレースでは十分な高速域をカバーします。
 どんな登りにも対応できて、ハイスピードレンジもカバーする理想のアドベンチャーギアです。
VRシリーズ開発ストーリー
VR ショップスタッフインプレッション

VRシリーズラインナップ

Frame kit VR1
288,000円(税抜)
VR3
378,000円(税抜)
VR5
298,000円(税抜)
VR6
268,000円(税抜)
VR30
198,000円(税抜)
VR40
158,000円(税抜)
VR50
128,000円(税抜)
VR60
98,800円(税抜)