ジムフェルト×ロードバイク

ロングインタビュー



FELTブランドの歴史をジムフェルトにインタビュー

  • アルミフレームでFELTと他のブランドの違いは?
  • ロードバイク アルミフレーム
    全てのアルミフレームはゼロからFELTが作った 理想のデザインです。ロードバイクに用いるアルミの素材からパイプの絞り方まで100%我々が設計しています。自転車の製造は分業が進み、パイプ工場やフレーム工場へ設計を委託することも一般的になってきました。

    しかし、アルミフレームのロードバイクはサイズによって丁寧に剛性をチューニングしないと疲労しやすいロードバイクになってしまいます。アルミのダイレクトな踏み味を活かしながら、カーボンフレーム並みの快適さを実現するために、フレーム工場には無い独自のノウハウがあります。EASTONの時代から、パイプメーカーが揃える汎用品ではなく、素材からチュービングの方法まで全て自社で設計してきたからこそ成せる職人芸とも言えます。

    アルミの素材を限界まで突き詰めればカーボンに匹敵するフレームを作り出すことも可能ですが、カーボン素材が安価で高性能に進化した今、アルミフレームで中級クラス以上のバイクを作る意義は薄れています。 しかしエントリークラスのロードバイクではコストと性能のバランスにおいて、アルミ素材に優位性があります。1本ずつ丁寧にチューニングを行ったFELT独自のアルミフレームは加速性、乗り心地、軽量さの3点において、卓越した性能を発揮します。