子供を乗せられないから、と諦めていたパパ・ママ必見! スポーツバイクでもお子さんを乗せてサイクリングや買い物に行けますよ!

Recommend

子供を乗せられないから、と諦めていたパパ・ママ必見! スポーツバイクでもお子さんを乗せてサイクリングや買い物に行けますよ!

 スポーツバイクだと子供を乗せられない、と諦めている方多いのではないでしょうか?子乗せが出来るのはママチャリだけではありません!

 ススポーツバイクでもチャイルドシートや自転車で牽引出来る自転車用ベビーカーなど、様々な商品が出ているので、お子さんを乗せてサイクリングに出かけたり、買い物に出かけたりする事だって出来るのです。

 クロスバイクやロードバイクといった、スポーツバイク人口が増えている昨今、チャイルドシートへの需要も高まってきています。スポーツバイクだから・・・と諦めていた方必見です!

◎クロスバイクやマウンテンバイクにオススメのチャイルドシート

 クロスバイクやマウンテンバイクなどの、ハンドル幅が広いタイプのスポーツバイクにオススメなのが、前後どちらにでも取り付けるが出来るチャイルドシート。

 実際にマウンテンバイクの前側に取り付けてみたところ、ハンドル幅も広めなので、操作の邪魔にもなりません。

横から見ても自転車を操作する人との間隔が取れています。

チャイルドシートを使わないときはブラケットのみを残して、ワンタッチで外すことも可能です。

◎チャイルドシートを取り付けた実際のサイズ感や仕様は?

 ライダーが175cm、お子さんが1歳6ヶ月75cm10kgの場合、下の画像のようなサイズ感になります。胸元に余裕があるので、もっと小柄なライダーでも乗車可能です。

 

 チャイルドシートは全体的に丸く作られていて、角ばった所がないので、子供がどこを触っても安心です。シートベルトは微調整がしやすく、子供が簡単に外せない大型のバックルでロックが出来ます。

ロードバイクにも取り付けは可能ですが、前傾がきつすぎるので、あまりオススメはできません。

◎ロードバイクにも取り付け可能!自転車用牽引式ベビーカー

 チャイルドシートは着座位置が高くなってしまうから、ちょっと不安・・・という方には、自転車の後ろに取り付けて、引っ張るタイプの自転車用ベビーカーがオススメです。

 一般的な子乗せ自転車は、着座位置が高く、転倒時の衝撃が大きくなりがちです。自転車用ベビーカーは常時二輪で地面と接地しているため、転倒の可能性はほとんどゼロです。着座位置が低いので、子供が自分で乗り降りしても安全です。

 チャイルドシートに座ろうと子供が自転車によじ登って、自転車ごと転倒してしまう・・・といった心配もありません。

◎気になる操作性は?

 子乗せ自転車は重心が高くなり、ふらつきやすくなります。自転車用ベビーカーであれば、重心は通常の自転車と変わりません。カーブがきつい下り坂なども、問題なく操作できます。お子様が眠ってしまっても、自転車のバランスが変わることはありませんので安心です。

◎自転車から外した後のベビーカーとしての機能

 自転車から降りた時には、取り外してベビーカー単体として使用が可能です。一般的なベビーカーよりも一回り大きいので、店内に持ち込むのは厳しいですが、図書館やショッピングモールの通路なら問題なく入ることが出来ます。

   

◎折りたたんで小さく収納可能!

 基本的には、自転車につけっぱなしの状態が楽なので、自宅に乗り込める庭や駐輪場があるのがベストですが、折りたたんで小さくする事が出来るので、マンション住まいの方でも収納可能です。

 折りたたんだ上に、車輪も外すことが出来るので、大きめのキャリーバッグぐらいのサイズになります。

 子供を乗せられないから、という理由でスポーツバイクを諦めていた方、是非チャイルドシートや自転車用ベビーカーを検討してみて下さい!サイクリングや買い物などをお子様と一緒に楽しめるので、オススメです!

 

子供を乗せられないから、と諦めていたパパ・ママ必見! スポーツバイクでもお子さんを乗せてサイクリングや買い物に行けますよ!

この記事が気に入ったら
「いいね」してね!

RELATION

loader