せっかくスポーツバイクに乗るなら手ぶらで乗りたい ~サドルバッグからフロントバッグまで~

Recommend

せっかくスポーツバイクに乗るなら手ぶらで乗りたい ~サドルバッグからフロントバッグまで~

 せっかくスピードの出るスポーツバイクに乗っているなら、手ぶらで乗ってそのスピードを存分に楽しみたいですよね。ほんの少しの荷物でも、小さなバッグを身に付けているのと、身に付けずに手ぶらで乗るのでは快適性や疲労度が全く違います。

 今回は、自転車本体に取り付けられて手ぶらでサイクリングを楽しめる「サドルバッグ」をご紹介します!

◎ツールや小物を保管出来る便利なサドルバッグ

sIMG_0112

 サドルの下に取り付けられるバッグです。スペースを確保出来て、走行中も邪魔になりません。携帯工具や予備のチューブ、タイヤレバーなど走りに行くときに常に身に付けておきたい小物を保管出来ます。

 サドルバッグの取り付けは、マジックテープでサドルのレールとシートポストに固定するベルクロタイプと、バックルでサドルのレールに固定するタイプの2種類があります。

 また、サドルバッグのお尻部分にリアライトがつけられる工夫がされているものもあります。

◎サドルバッグの中に入れておきたい物

64a83217f3c6e93f793a941f98a44059

 パンクしてしまった時に、いつでもパンク修理が出来るように、予備のチューブとタイヤレバー、パンク修理用パッチ(チューブにあいた穴をふさいで応急処置が出来るシール)は常に入れておきたいですね。予備のチューブは箱から出して、ラップなどできつく巻いた状態で入れておくと、スペースを節約できるのでオススメです!

 それでもまだ容量に余裕があるようでしたら、いざという時のトラブルに備えられるよう携帯工具と、途中で立ち寄ったコンビニなどで鍵がかけられるよう、ワイヤー錠なども入れておくと便利です。長距離を走りに行く際は補給食も入れておくと安心ですね。

◎サドルバッグに保管しきれなかったものは、ここに収納!

102600_2102600_3

 サドルバッグに入りきらなかったものは、その他にも収納出来るグッズがあるので、ご紹介します。 

 ボトルケージ部分にさして保管する事が出来る「ツールバッグ」という収納グッズもあります。ジッパーをあけて中身を一気に取り出せるので、サドルバッグよりも利便性は高いです。内部には複数の仕切りがあるので、収納も簡単に行えます!

DSC_0223_00355

 自転車で遠くへ走りに行くときにスマホを持って行かない人はいないと思います。また、遠くに走りに行く時に綺麗な景色や思い出を写真に収めるため、デジカメなど持って行きたくなりますよね。

 しかし、スマホやデジカメなど意外と大きかったり重かったりでポケットに入れておくと不安に感じる事ありませんか?そんな時に活躍するのがトップチューブに取り付けられる「トップチューブバッグ」です。ハンドル近くに取り付けられるので、すぐに取り出す事が出来ます。

◎もっともっと荷物を入れたい!という方にオススメのフロントバッグ

This compact, waterproof bag allows cyclists to keep important items close at hand when traveling or commuting.

 長距離を走りに行って、出来れば1泊したい!と考えている方にオススメなのが、大容量のフロントバッグです。防水機能つきのものもあるので、着替えを入れていても心配ご無用です。フタの部分がクリアポケットになっているものだと、スマホや地図収納して、いつでも確認する事が出来ます。

 それぞれのバッグに特徴があるので、自分の用途に沿ったバッグを賢く選択して、快適に自転車生活を楽しみましょう♪

せっかくスポーツバイクに乗るなら手ぶらで乗りたい ~サドルバッグからフロントバッグまで~

この記事が気に入ったら
「いいね」してね!

RELATION

loader