ブレーキがかけづらいと悩んでいる方必見!  工具一つで簡単に握りやすい位置に調整できますよ!

Recommend

ブレーキがかけづらいと悩んでいる方必見! 工具一つで簡単に握りやすい位置に調整できますよ!

 スポーツバイクに乗り始めて間もない方で、ブレーキかけづらいなぁと違和感を抱いている方、いらっしゃいませんか?ブレーキングは、自転車に乗る上でとても重要な操作なので、自分が一番握りやすい位置にブレーキレバーを調整したいですよね。

 今回はブレーキレバー位置で悩んでいる方、必見!!その悩み、工具一つで解決できますよ!

 

◎工具ひとつで簡単に調整可能!

 用意するのは、ヘキサゴン(六角)レンチひとつだけ。スポーツバイクに乗る上で、ボトルケージのネジを締めたり、サドルの高さを調節するために使用したりと、出番の多い工具です。走りに行くときは必ず持ち歩きたいものの一つです。

 今回はこの工具ひとつで、ブレーキ操作に悩んでいる方の解決方法をご紹介します!

◎ブレーキレバーの位置を変えて解決!

 まずはブレーキレバーの位置を確認しましょう。ハンドルを握ったときに、指でひっかける部分、赤矢印で示している黒いレバーがブレーキレバーです。このレバーを自分の手に合わせて、ブレーキをかけやすい位置に調整しましょう。

◎ボルトを緩めて握りやすい位置に調整!

 調整するためのボルトは、ハンドルの裏側にある事が多いです。赤い矢印で示しているところが、調整のためのボルトです。ここも、やはりヘキサゴン(六角)ボルトで固定してあります。

 ヘキサレンチをしっかりとこのボルトに差し込んだら、反時計回りで緩めていきます。

 ボルトを緩めると・・・写真のように、上下に動かせるようになります。実際に乗るにはあり得ないけど、こんな角度にだって出来るのです!(笑)

 上下だけでなく、横にもスライド出来ます。

 

 実際に握ってみて、握りやすいポジションを色々と試してみましょう!ポジションが決まったら、緩めたボルトを今度は時計回りに締めこんで完了です!

※注意

 固定ボルトをしっかりと固定するのは大切ですが、力を入れすぎないように注意しましょう。ボルトの頭やヘキサレンチの角が壊れたら2度と外せなくなってしまいます。

 以上のように、簡単にブレーキレバーの位置を調整できます。ブレーキレバーの位置が変わるだけで、自転車の快適性はグッと上がるはずです。特に、信号の多い街中を走る場合は、疲労具合も大きく変わるのではないでしょうか。

 ブレーキがかけづらくて手が疲れる、といった悩みを抱えていた方は是非試してみて下さい!

ブレーキがかけづらいと悩んでいる方必見!  工具一つで簡単に握りやすい位置に調整できますよ!

この記事が気に入ったら
「いいね」してね!

RELATION

loader