お店や自転車ニュースサイトなどに掲載されたライトウェイバイクに関するインプレッションをまとめて掲載しています。
モデル選びの参考にして頂ければと思います。

サイクルテラス熱田店様

・シェファード
今までは700Cで統一されていましたが、身長ごとに適したホイールサイズが選べます!
フレームはホリゾンタルなんです!これが圧倒的カッコイイポイントですよね★
マットなカラーリングもオシャレですよね!

・パスチャー
昨年モデルも女性に大人気だった「PASTURE」もモデルチェンジしました!
サドルもシルバーのスタッズが打ち込んであるヴィンテージスタイルで可愛さ倍増❤
フロントに可愛いカゴを付けるのもアリですね!
記事全文はこちら

セオサイクル鮫洲店様

・シェファード
綺麗なフォルムです。塗装はかなり上質でシルバー色のパーツが多いのもあり、全体に高級感というか気品があります。
ギアチェンジは後ろ8段のみ。ビギナーには意味不明?だった前側3段はスッパリ排除。乗る人とコースによりますが街乗り25km以下でフロントギアチェンジをあまり活用してない人は結構な数。街乗りは後ろの8段で十分カバーできますし、あの恐怖のチェーン外れが起きにくいのもメリット大。
記事全文はこちら

ベロスポルティフ様

・シェファード
身長154cmの自分としては選択肢が限られるので、この24インチが気になってました。
で、乗ってみた感想としては‥、
「え、普通のクロスバイク‥!しかもお尻痛くない!」でした。
正直、タイヤが24インチと小さいのでスピード出すの大変かなーと思っていたんですが、全然そんなことなく!

しかもポジションが少し前傾になることで腕とお尻にかかる力のバランスが取れ、
さらに柔らかめのサドル、1.5インチというタイヤの太さもあって、段差が来てもお尻が痛くなかったんです!

記事全文はこちら

BICYCLE SHOP FINE様

・グレイシアSW
数年前に登場してから、毎年新しいカラーを見るたびにウズウズ❤
私が本気で欲しい1台です!!

記事全文はこちら

ShiokazeStore様

・シェファード
身長が低い方が700cを採用した自転車に乗ると、ハンドル位置が高くなりアップライドなポジションになります。
女性の方でスポーツバイクに初めて乗る方は是非シェファードをご検討ください。

記事全文はこちら

サイクルショップアライ様

・シェファード
ホイールサイズを700cにこだわることなく24インチ・26インチ・700cとすることで
日本人の体格に合ったポジションが出せ、エントリーユーザーにありがちなお尻が痛くなりにくい
姿勢で乗ることができる自転車に仕上がっています。

記事全文はこちら

リベルタス様

・グレイシア
カラーリングと全体のまとまりが良く目が止まったのがグレイシアSWでした。
シルバーがかなりイイ感じです!
他のモデルにも同じシルバーのモデルはありましたが、僕がミニベロ好きと言うのもあってこのモデルは特に惹かれました!

 
 

シクロワイアード様

・シェファード
ライトウェイのデザインに対するこだわりは徹底されており、各パーツのカラーをライトウェイがオーダーしているという。例えば、通常黒色ベースのサドルを白へと変更したり、コンポーネント全てをポリッシュ仕上げとするなど。細かいところでは、バルブキャップもシルバーに変更しているほど。
従来のクロスバイクよりもスポーティーだが快適となり、ロードバイクほど前傾がきつくないため、ビギナーにもオススメしやすい。

記事全文はこちら

FLAME様

・スタイルス
レザー調のクラシックなグリップにシルバーピンを打ったサドル、そしてフレームと異なるカラーのフォークもポイント。
「軽くて速くて一番乗りやすかった!クラシカルなスタイルとカラーも良くて、個人的には一番好みかも」

・シェファード
量産型世界初となるサイズ別ホイール展開を採用したNiau(ニアウ)デザインが魅力。ホイール毎に各部分のサイズを細かく調整することで小柄な女性から大柄な男性まで、それぞれが違和感なく快適に乗れる仕様となっている。

記事全文はこちら

ライトウェイのインプレッション記事まとめ

この記事が気に入ったら
「いいね」してね!

RELATION

loader