チェーンを洗浄することで、いつもより快適に走れる!これ本当です。

Recommend

チェーンを洗浄することで、いつもより快適に走れる!これ本当です。

 自転車を購入した時と比べると、チェーンが黒く汚れてしまってはいませんか?毎日通勤や通学で自転車に乗ると、タイヤの空気も抜けますが、もちろん自転車だって汚れていきます。特に、チェーン周りは黒く汚れがちで、ズボンの裾などを汚してしまう可能性もあるので、月に一度はチェーンを掃除しましょう!

 基本的に、いらなくなった布などで汚れを取り除いていきますが、出来れば手を汚したくないですよね。そんな時に、手も服も汚れずに簡単にチェーン掃除が出来る方法をご紹介します!

01

 ハイテク兵器はこの“チェーンマシン”と呼ばれるチェーン掃除用の器具です。PEDROSというメーカーから出ており、付属品に「バイオディグリーザー 4oz」「アイスワックス 2oz」「ブラシ」がついてこれ1セットでチェーン回りはOK!

02

まずは、チェーンマシンをセットします。マシンの上下をぱかっと開いて、チェーンをはさみ込みます。位置は必ずこの位置で!リアディレーラ(変速機)に近いところを狙いましょう。

03

フタを閉じてチェーンをはさみ込みます。

04

取っ手をリアディレーラ(変速機)に引っかけてセッティング完了です。

05

 次に、バイオディグリーザーでチェーンの汚れを落としていきます。チェーンマシンのフタに穴と、赤いボタンがあることに注目!

06

まずは穴からバイオディグリーザーを流し込みます。

07

すると、ディグリーザー(水色の液体)がフタに溜まります。

08

赤いボタンを押すと、ディグリーザーがチェーンにかかる。

09

あとはとっても簡単!ペダルを持って逆回転させるだけ!(回転方向は反時計回り)

バイオディグリーザーがチェーンの汚れをドンドン落としてくれます。時々ボタンを押してディグリーザーをチェーンにかけつつペダルを回しましょう。

10

仕上げはアイスワックスで!チェーンのお手入れの仕上げに潤滑油のアイスワックスを塗っておきましょう。チェーンの回転が滑らかになって快適に走れます。これ、本当です。

11

 アイスワックスをまんべんなくチェーンに落としたら、余分な油を布で拭きとって完了です!(チェーンに余分に油がついている状態で走ってしまうと、ホコリや泥ですぐに汚れてしまうので、必ず拭き取りましょう)

 チェーンなどの駆動系は汚れやすく、汚れるとベタベタになったり錆が発生したりして、走りが重くなります。だから早め早めにきれいにしておけば、手入れも簡単!いつもスベスベの状態で、購入した当時と同じように軽く走れるようにしておきましょう!

チェーンを洗浄することで、いつもより快適に走れる!これ本当です。

この記事が気に入ったら
「いいね」してね!

RELATION

loader