山道もぐいぐい走れるロードバイクって知っていますか? グラベルロードでキャンプツーリング

Recommend

山道もぐいぐい走れるロードバイクって知っていますか? グラベルロードでキャンプツーリング

 姿形はロードバイクにそっくり、だけどブレーキはディスクブレーキを搭載して、太めのタイヤを装着している。それはきっと、最近大人気の「グラベルロード」と呼ばれる自転車です。

 サイクリングの先に林道があったらそこも走ってみたい、自転車に沢山の荷物を積んでキャンプに出かけたい、そういった夢を叶えてくれる、新しいタイプのスポーツバイクです。

◎未舗装路を走れるのはマウンテンバイクだけではありません!

wpid-wp-1455370778656

 ロードバイクに似ていますが、あまり前傾姿勢が深すぎず、ポジションが楽になっています。また、ホイールベースが長めに取られているので、直進安定性に優れています。

 さらに、フレームがロードバイクと比較してしなやかに作られているのも特長です。ロードバイクの場合、舗装路を速く遠くまで乗るという目的に特化しているために、乗り心地は固くなりがちですが、グラベルロードはその速さの部分を少し乗り心地に妥協し、楽に遠くまで走っていける、柔らかめのフレームが採用されています。太めのタイヤと相まって、荒れたアスファルトの衝撃も快適なものに吸収してくれます。マウンテンバイクのような走破性はありませんが、ダートの砂利程度であれば、快適な走行が可能です。

◎ロードバイクとの違い:少ない力でブレーキがかけられるディスクブレーキ

wpid-wp-1455766399158

 多くのグラベルロードには、ディスクブレーキが搭載されています。小さな力で大きなブレーキ力が得られるディスクブレーキですが、ロードバイクではレースのルールで禁止されていることが殆どのため、あまり普及していません。レースに出ることを前提としていないグラベルロードでは、楽なブレーキングが出来るディスクブレーキが多く採用されています。

◎ロードバイクとの違い:太いタイヤ

wpid-wp-1455679554895

 タイヤ径の大きさはロードバイクと同じですが、タイヤの幅は細いものから太いものまで履く事が出来ます。基本的にはロードバイクは23C~25Cといった幅のタイヤを採用していますが、グラベルロードバイクでは、32C~40Cといった太さのものまで対応出来るのが特徴です。

 細いタイヤを履けばその分、路面との摩擦や抵抗が減るので速く走る事が出来ますが、快適性は太いタイヤの方に軍配が上ります。また、自然の中でオフロード走行を楽しもうと思うのであれば、太いタイヤで快適に、砂利道なども滑らずにしっかりとした走行が実現できます。

◎自然の中でリラックス!コーヒーブレイクだってお手の物

wpid-wp-1455771349890

 スポーツタイプの自転車だからと言って、スピードばかり重視する必要はありません。せっかく自然の中を走れる自転車なのだから、気の向くままにゆっくりと自然の中の走行を堪能すれば良いのです。普通のロードバイクでは味わえない、リラックスした走行が出来るのが、グラベルロードの一番の魅力です。

 ほとんどのグラベルロードは、キャリアや泥除けが取り付けられるような仕組みになっています。沢山荷物を積み込んで、疲れたら、自然の中でコーヒーブレイクだって出来ちゃいます!通勤・通学かなどの街中での走りから、荷物を積んでのキャンプツーリング、はたまた雪道での走行など色んなシーンを楽しめるグラベルロード、オススメです!

山道もぐいぐい走れるロードバイクって知っていますか? グラベルロードでキャンプツーリング

この記事が気に入ったら
「いいね」してね!

RELATION

loader