interview-02

KAZUYA TANAKA

LIPIT ISCHTAR

interview-01 KOICHI HASEGAWA COGGEY LaLaport TOYOSU interview-01 KOICHI HASEGAWA COGGEY LaLaport TOYOSU

西早稲田にあるLIPIT ISCHTAR(リピト・イシュタール)の名物店長田中さん。店先で挨拶をしていく人の数を見ると、その人柄が容易に想像できる。
デザインもこなす田中さんが作り上げた店内には個人店ならではの”暖かさ”と田中さんの”世界観”が広がっていた。

機能というか、、そこじゃないのかなと。トータルバランスが良いですよね。

ー前職はアパレルだったと。田中さんの経歴を伺えますか?
田中:ここの立ち上げが14,5年前だったんですね、その時に2年間手伝っていて、ここのカウンターの裏でイラスト描きながらパンク修理や接客をしてたんです。それから、結婚を機にアパレルの方に就職したんですね。
本当はずっとそこでやっていくつもりだったんですが、店長にまでなると先が見えてしまい、、そんなタイミングでこっちの経営があまりよろしくないと聞き、親父にアイディアを色々と話しているうちに「それだったらやってみようか」という話になったんです。そのかわり、僕に任してねって(笑)
その時に僕が考えたのが”女性がひとりでも入れるようなお店”だったんです。女性をターゲットにした自転車店ですね。
もちろんアパレル業界に居なかったらそんなことは思いつかなかっただろうし、経験を生かしてやろうっていう全部の流れが総合的に今の店を作り上げた感じですね。
ー確かにLIPIT ISCHTARには田中さんの世界観がとても表現されていますよね。実施に来店されるお客さんはどのような方が多いですか?
田中:サイクルジャージとかヘルメットを付けてスポーティーに自転車を乗るという人ではなく、生活の一部・ファッション感覚で自転車に乗りたいというお客さんがほとんどですね。
あとは通りすがりでふらっと立ち寄ってくれたりするお客さんも(笑)
RITEWAYを買ってくれるお客さんで言えば、クロスバイク初心者の方がほとんどですね。特にシファードシティだと小さいサイズからあるので背の小さい方というのはやっぱり気に入ってくれますよ。クロスバイクの入門編としては良いですよね。オススメです。
img1 img1
ー今仰ってくれた”入門編としてはオススメ”というのは、特にどのような部分でオススメですか?やはり機能的な部分で?
田中:もちろん機能も良いのですが、RITEWAYに関しては機能というか、、そこじゃないのかなと。トータルバランスが良いですよね。コストパフォーマンスも当然のことながら、日本人が乗りやすい設計で乗りやすかったり。
シェファードシティーは特に良いとこ取りですよね(笑)トータルで良い。グッドデザイン賞も取ってますしね。
ーシェファードシティーを買ってくれるお客さんの男女比ってどれくらいですか?
田中:僕としてはシェファードシティーって女性のイメージが強かったんですね。でも、ぶっちゃけて言うと修理に来るお客さんとか、街で乗っている人を見ると案外男子が多くて(笑)
それでも、うちの売れ行きでいうと男性7で女性3くらいかな。他のブランドだと9:1で男性なので、そう考えるとやっぱり女性へのウケは良いのかもしれないですね。
ー初めに”女性をターゲットにした自転車店”と伺いましたが、具体的にはどのような事なんですか?
田中:うちのコンセプトに”女性のためのオシャレ自転車店っていうのがあるんです。アパレル時代、 僕はメンズで働いていたんですけど、意外にもお客さんは女性が多かったんですよ。平日は男性へのプレゼントを探しに来る女性が多くて、週末は男性や家族と一緒に。メンズのお店だってやっぱり女性の客さんも来てくれるんですよ。
それこそ6:4とか5:5の比率で。そう考えると自転車とはいえ女性を無視できないんじゃないの?って思ったんですよね。
自転車ってスポーツの中の一部じゃなくて、ファッションとしての一部だと考えています。”靴を履く””服を着る”と同じように”自転車に乗る”という感じで。だから、そういう店を作ろうと思っただけですね。”自転車のセレクトショップ”という感じですね。
  • img2 img2
  • img3 img3
ー最後に自転車への想いを聞かせてもらえますか?
田中:これって本来自転車に対して熱く語るところですよね?難しいな〜(笑)
親父が自転車屋で働いていたので小さい頃から自転車にまつわる色々なものが当たり前のようにある環境だったんですね。
だから家具や食器のような感覚というか、、。故に、自転車屋になろうなんて一回も思った事はなかったんですよね(笑)むしろ嫌だった。
でも、自転車ってカッコイイなという気持ちは昔から持っていますよ。デザインだったりも含め。
こんな感じですかね。(笑)
img4 img4

SHOP INFO

LIPIT-ISCHTAR (リピト・イシュタール)

Web http://www.lipit-ischtar.jp/
住所 東京都新宿区大久保3-13-1-103
TEL 03-5155-6412
定休日 木曜日
営業時間 11:00 – 19:00
お問い合わせ http://www.lipit-ischtar.jp/inquiry/
title
loader