Jプロツアー「修善寺ロードレース」に向け弱虫ペダルサイクリングチームと中村龍太郎選手がコメントを発表

設計・素材・技巧で極める最先端のライディングを目指すスポーツバイクブランド「Felt」の日本販売元を務めるライトウェイプロダクツ ジャパン株式会社(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:髙島義人)は、同社がレース用バイクをサポートする弱虫ペダルサイクリングチームおよび中村龍太郎選手の「修善寺ロードレース」へ向けたコメントを発表いたします。

弱虫ペダルサイクリングチームは、2017年シーズンのJエリートツアーで総合優勝を飾り、2018年はJプロツアーに参戦します。3月17日、18日の修善寺ロードレースが同チームにとって2018年シーズンの緒戦となります。前田公平、織田聖、長塚寿生、大場政登志、赤荻秀弥、岩崎晶雲、江越海玖也の7名で参戦します。

前田公平選手は、修善寺ロードレースへの意気込みを次のように語ってくれました。

「今シーズンからトップカテゴリということで厳しいレースとなりますが、ベストを尽くし少しでも上位に入れるよう頑張ります。今年からはチーム専用カスタムカラーのFR1を用意していただき、プレシーズンの練習でそのポテンシャルの高さを感じ取れました。皆様の期待に応えられるように努めます。」

中村龍太郎選手は2013年より「イナーメ信濃山形」の一員としてJプロツアーに参戦。2017年シーズンには、まえばしクリテリウムで2位に入るなどの活躍を見せ、個人ランキング14位となりました。6年目のシーズンの緒戦を修善寺ロードレースで迎えます。
修善寺ロードレースへの意気込みを次のように語ってくれました。

「脚の仕上がりは脱毛もしたのでツルッツルで絶好調です。今回の修善寺では10位以内目標。今年のJプロツアーでは、どこかで一勝を奪ってやりたいと思います。今年も Felt と共に、表彰台の一番上を目指して頑張ります!応援よろしくお願いします!」

弱虫ペダルサイクリングチーム使用機材「FR1 Frame Kit弱虫ペダルサイクリングチーム」

Felt FR1 Frame Kit 弱虫ペダルサイクリングチーム

弱虫ペダルサイクリングチーム Webサイト

http://yowapedact.com/

中村龍太郎使用機材「AR FRD」

AR FRD Frame Kit

中村龍太郎ブログ

https://www.riteway-jp.com/itemblog/category/topathlete/orang

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter