フェルトが2020年も弱虫ペダルサイクリングチームをサポート。初戦となったJプロツアー東日本ロードクラシック群馬大会でピュアホワイトジャージを獲得

設計・素材・技巧で極める最先端のライディングを目指すスポーツバイクブランド「Felt Bicycles(以下、フェルト)」の日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパンは、2020年シーズンも「弱虫ペダル サイクリングチーム」をサポートすることを発表いたします。

フェルトが2017年からサポートを開始した「弱虫ペダル サイクリングチーム」は『弱虫ペダル』作者の渡辺航監督の元、ロード、シクロクロス、MTBに参戦する若手中心の育成チームです。フェルトはロードバイクとシクロクロスバイクをサポートしています。チームは2018年シーズンからJプロツアーに参戦開始。初年度からチームランキング9位と好発進し、昨2019年シーズンは6位に上昇。若手育成を掲げるチームとして素晴らしい結果を残しています。女子では、「唐見 実世子」プレイングコーチがJフェミニンツアーに参戦し、4年連続の総合優勝を果たしました。

今シーズンは、チームカラーの鮮やかなイエローにカスタムペイントされた「FR Advanced」、新型エアロロードの「AR FRD Ultimate」、TTバイクの「DA」、そして唐見 実世子プレイングコーチが「FR FRD Ultimate」を使用します。

2020年7月23日からの3日間で開催されたJプロツアー 第54回JBCF東日本ロードクラシック 群馬大会がシーズン初戦となり、3日の内、2日で敢闘賞を獲得する積極的な走りでレースを盛り上げました。Day-1は織田 聖選手が3位入賞し、アンダー23リーダーの証「ピュアホワイトジャージ」の袖に手を通しました。さらに「前田 公平」選手は敢闘賞を獲得。Day-3でも織田 聖選手が敢闘賞を獲得しました。終始、積極的な走りで、ピュアホワイトジャージをキープしています。Jフェミニンレースに参戦した唐見 実世子プレイングコーチも、常に積極的な走りでDay-3を制しました。

レースを盛り上げる「弱虫ペダル サイクリングチーム」とチームイエローのフェルトバイクの活躍にご期待ください。

供給バイク

FR シリーズ

AR シリーズ

弱虫ペダル サイクリングチーム公式サイト

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter