BBB 1万円で最もスタイリッシュなロードバイク用ヘルメット「ホーク BHE-151」 インプレ レビュー

坂バカスタッフRYOです。今、使っているヘルメットはもう4年目。通勤を含めて毎日のように使っているので傷みも見られます。今回は普段使い用のヘルメットを新調することにしました。

 

BBB ホークBHE-151  2020新型

BBBのラインナップの中ではミドルグレードにあたるヘルメット。価格は10,800円です。過去にも同じ名前の製品がありましたが、完全に新しくなって2020年に登場しました。どちらかと言えばオンロードを意識したヘルメットです。

 

重量はMサイズで268gとロード用ヘルメットとしてはごく一般的なものです。同価格帯の中では軽い方なのではないかと思います。私の場合、過去に使ったBBBヘルメットはイカロスとティトノスですが、どちらもMサイズを選んでいて今回もMで問題ありませんでした。飯田忠司選手のインプレでは従来のモデルより横方向が狭いように感じるとのことでしたが、言われてみれば少し狭めかもしれません。カラーはスタンダードなホワイトやブラックの他にオリーブグリーンやオーベルジュなど中間色があっておしゃれです。今回はまったりライドが増えそうなこれからの季節にぴったりなオリーブグリーンを選びました。

 

ハイエンドと言われても疑わないデザイン性

まずはシンプルにカッコイイです。1万円のヘルメットとは思えません。ベンチレーションホールが多いことと、発泡スチロールのようなEPSフォームがほとんど外側に露出していないことにより高級感があります。

特にリア側がカッコイイです。後頭部が出っ張らないコンパクトなデザインで、レーシーとカジュアルのバランスが良く、どんなシーンで使っても違和感が無いです。

特に頭が前後に短い傾向がある日本人には合っています。かく言う私も前後に短い頭で、あまり後頭部が尖ったヘルメットを使うと見た目的に違和感がありますが、ホークなら大丈夫です。また前傾姿勢になった時にバックパックと干渉したり、シクロクロスの担ぎでサドルと干渉したりもしにくいです。

 

サイクルキャップと相性がイイ

私は、汗どめや髪が動くのを防ぐためにほぼいつでもヘルメットの下にサイクルキャップを被っているのですが、ホークはサイクルキャップと相性が良いです。と言うのも、前から見るとおでこの部分が真っ直ぐではなく、左右が下に落ちる形状になっています。ここにキャップのツバが上手くはまってくれて調子いいです。おでこの下の方まで延長された両サイドは、保護性能を高める効果もありそうです。

 

ちなみにBBBサングラスとの相性も良くて、外した時もスッとヘルメットの穴に刺さってくれました。画像のサングラスはBBBフルビューです。

 

価格を超えた通気性

一般的な1万円のヘルメットだとベンチレーションを妥協しているものが多いです。ホークは21個ものベンチレーションホールが配されています。さらに重要なのが内部構造が上手く空気を流すようになっていることです。前方のホールから入った空気が後方のホールへ流れる道が整形されています。まだ真夏に使用していないので分かりませんが、通気性に問題を感じることは無さそうです。

 

安全性を高めるスパイダーウェブ構造

参考画像:BBBイカロスのスパイダーウェブ。

ホークには安全性を高めるスパイダーウェブというものを搭載しています。イカロスやマエストロと言ったハイエンドモデルにも採用しているものです。外観からは分かりませんが、実は内部のEPSフォーム内に補強が内蔵されています。これにより衝撃を受けた際もヘルメット全体が崩壊せずに形を保ち、より確実に頭部を守ります。

 

片手で調整可能なダイヤル式

頭にフィットさせるためのアジャスターには回転ダイヤル式のオメガフィットシステムを採用しています。毎回の脱着時に片手で調整できるのが嬉しいです。個人的にはダイヤル式であることはマストだと思います。しかもワンクリックが小さく微調節が可能です。ちなみに上位モデルはアジャスター部分の上下位置調整が出来ますが、ホークは出来ません。ただ、特に調整できなくても問題は感じませんでした。

 

ストレスの無いストラップ

あごのストラップの耳下のパーツは、上位モデルの開閉して調整するバックル式ではなく、よりシンプルなものになっています。調整はバックル式のほうがもちろん楽なのですが、頻繁に調整する場所でもありませんし、個人的にはシンプルでコンパクトなホークのアジャスターが好きです。

 

よーく見ると後頭部のアジャスター部分にストラップが通る構造になっています。アジャスターと頭の間にストラップが干渉せず、確実にヘルメットを固定します。

 

リアのリフレクター

リアのデカールは実はリフレクターです。後方から車に轢かれる事故は珍しくありませんが、こういったリフレクターで対策することは重要です。これがあるのと無いのとでは、車からの視認性が雲泥の差です。

 

1万円という価格で、見た目良し性能良しと文句のつけようがありません。JCF公認は取得していませんのでJCFルールが求められるレースでは使えませんが、そういったレースに出ない方はもちろん、普段使いやツーリング用としてもおすすめです!

 

商品ページ

https://www.riteway-jp.com/pa/bbb/product/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%82%af-bhe-151/

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 4.50 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter