バーレーの歴史

バーレーのストーリーは35年前に始まりました。

創業者のアラン・スコッツは、バーレー・バイク・バッグという小さな会社を設立。 サイクリングに適した地域を求めてノースダコタ州ファーゴからオレゴン州ユージーンに移転しました。バーレーという会社名は、「バーレー・ベブ」として知られた自転車レーサーの「Beverly」から想起して付けられました。二人はユージーンの土曜市場でハンドメイドのバッグを売るために、自宅から約48キロを通っていました。

自動車を使わない生活を送ると決めたアランには、自転車で商品となるカバンと、彼らの幼い娘を土曜市場まで運ぶ方法が必要でした。彼は古いブランコのパーツを利用して最初のバーレートレーラーを作りました。地元のサイクリスト達と自転車ショップの人たちは彼のトレーラーに気づきはじめ、それから注文が入るまでにそう長い時間は掛かりませんでした。

1978年、バーレーは経営体制を労働者が所有する協同組合へと変更しました。その間、商品の安全に関する評判を高め、「バーレー」の名を「バイシクルトレーナー」の代名詞にしました。2006年、組合は会社を地元オレゴン出身のコミュニティリーダー、マイケル・コーリンに売却しました。

現在、バーレーの優れた設計・安全性・耐久性は、レクレーション用サイクルトレーラーの基準として知られています。私たちが有名になったサイクルトレーラーを作り続けている間にも、商品はお客様の要求に併せて変化し、成長しています。多機能なチャイルドトレーラー、ジョギング用ベビーカー、キック自転車など、私たちは情熱の全てを製品に注ぎ込んでいます。バーレーは今日でも、1978年当時と同じように比類のない品質を誇っています。