泥モノ担当、ドロッパーポストへの愛を叫ぶ!

こんにちは!泥モノ担当Mラカミです!

急にドロッパーポストのお問合せを頂くようになりました!

ドロッパーポストを使ったことのない方にご説明すると、オフィスの椅子のようにスイッチ一つで上下するシートポストです。MTB乗りには既に「もう、これ無しでは辛い」ぐらいの愛されアイテム。

2022年のミラノ・サンレモでモホリッチ選手が会心のダウンヒルで劇的な勝利を納め、使用したドロッパーポストを絶賛したことで一躍脚光を浴びています。

実は思ってもみなかったのですが、ドロッパーポストを使ってサドルを下げることで、エアロ効果が見込めるのではないかとの事。

これからはロードもドロッパーポストの時代?!

この機会にサドルの下の力持ち、地味すぎるけど魔法のパーツ、ドロッパーポストへの愛を思いっきり叫びたい!

鬼に金棒、チキンに相棒?!

「でもダウンヒルが速くなるなら、スピードが上がって危険じゃないの?」 こんなご意見も当然あると思います。

怖がりチキンライダーの意見としては、むしろ逆。

下りに怖さを感じている方に、むしろおススメしたいです。たった数センチサドルを下げるだけですが、重心が下がって安定感が生じます。

怖いと思うとついつい身体が固まって、ガチガチにブレーキを握りしめ、視線も固まってしまうものです。下り終わったときは肩も手もパンパンなんてことはありませんか?そんなときに段差やスリッピーな路面に嵌ったら、一気に姿勢を崩して転倒に繋がりかねません。

姿勢が安定すれば、柔らかいブレーキコントロールが出来て、周囲を確認する余裕も出てきます。余裕が出れば速さにもつながりますが、まずは安全が一番。

パワーのあるライダーには空力が味方する「鬼に金棒」、下りが怖いチキンなライダーにとっては「頼れる相棒」

それぞれのスキルに合わせたメリットが得られるのは、ドロッパーポストを導入する一番の理由ではないでしょうか。

コーナーで昨日の自分に差をつける!!

ドロッパーポスト愛を語るには「下り」だけではまだまだ足りません!!

ロードバイクで小刻みなコーナーを走り抜けるような状況はあまり思い当たりませんが、シクロクロスのコースにはよくありがち。

機敏に対応できずについつい膨らんでしまう。しまいにはコントロール出来ず突っ込んでしまう。あるあるです。

こんな時、ドロッパーポストを仕込んでいる賢明なクロッサーはスイッチを押して少しサドルを下げます。あら不思議。

はっきり違いが判るほど機敏にコントロール出来てしまうのです。

では本当に街中で使う機会は無いのか?よく考えてみましょう。突然の狭いカーブ、迫りくる車止め、路上に枝を広げる街路樹。

実は街中には障害物が一杯。スムーズにクリアできたらカッコ良いですよね?

ハンドルに仕込まれたスイッチとドロッパーポストが、この小さなストレスを優越感に変えるかもしれません。

大きな声で言いにくい、あのお悩みにも

まだまだ愛を語るには足りない。ドロッパーポストのメリットは走行時だけに留まりません。

これも街中の地味なストレス、信号待ち。どういうわけか停車位置にだけ縁石が無い!

そんな時、サドルが下がったら安心して足を着けますね。

もちろん走行するときには適正な高さにサドルを戻せば、スムーズなペダリングが保てます。

そして、こんな風に状況に合わせてこまめにサドルを上下させていると、あの地味なお悩み「お尻が痛い」の原因、

「長時間にわたるお尻への負荷」に、適度なストレッチ運動が加わるのです。

もちろんこれがメインの機能ではありませんが、少し乗車姿勢が変わることで得られる効果は大きいようです。

Good buy or Good bye?

と、ここまで読んで頂いて、今すぐにでもドロッパーポスト入れたい!と思ったロードバイカーの皆様、先に言っておきます。

実は取付不可のケースが比較的多いです。エアロシートポストの皆様、まずお先にGood bye。丸ポストのみになります。

ロードバイクにも多いシートポスト径27.2mmでご紹介したいのは、クランクブラザーズの「ハイラインXC」

MTBのトップカテゴリーで鍛えられたスムーズな動作はもちろん、独自のカートリッジ式のためメンテナンスも容易、取付が容易なクイックコネクト式のケーブルと、機能面は申し分なし。

そしてクランクブラザーズらしいスタイリッシュなカッコ良さも追及。お揃いのドロップ用リモートレバーもラインナップされています。

製品WEBはコチラ

そしてシートポストのカットが出来ないため、サイズの選定は慎重にする必要があります。フレームサイズやケーブル内装のためののフレーム構造、取付パーツ等によって、取付できないケースも多々あると思います。その時は涙を飲んでGood bye。次の世代を待ちましょう。

取付の可否は、ドロッパーポストの扱いに長けたMTBショップにご相談することをおススメします。

 

オマケ情報:フラットバー用レバーのアクセサリーにはカラフルなステッカーキットもあります。

ザラザラした表面は指の滑りを防止する効果がありますが、クランクロゴになっています!ドロップ用レバーにはピッタリサイズではありませんが、遊び心も大切に。

無事に取付できたラッキーな貴方、素晴らしいパーツを手に入れました!きっとドロッパーポストの虜になること間違いなし!!

MTBだけではもったいない。今、一番アツいパーツです。ぜひご一緒に愛を叫びましょう!!

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。