ガーミン ケイデンスセンサーペアリング時の注意点

ガーミンの新型ケイデンスセンサー

このセンサーとヘッドユニットのペアリング時の注意点をまとめました。

・デュアルセンサー

新型はBluetoothとANT+の2タイプの信号を発信します。

ANT+(アントプラス)

ガーミンのヘッドユニットとの接続に使用します。

Bluetooth

スマートフォンやその他Bluetoothに対応する機種との接続に使用します。

・ガーミンとのペアリング時の注意

ANT+とBluetooth接続ダブルで接続してしまうと動作しないので注意!

下記がセンサー追加の画面です。

GARMIN CDセンサー

センサー追加を選択して出てきた数字のみのケイデンスセンサーはANT+の信号です。

GARMIN CDセンサー

さらにいじっていると、もう一つセンサーが現れます。「BLE」と書いてるので、これはBluetoothの信号です。

GARMIN CDセンサー

両方の信号を拾うので、これで両方を接続してしまうと、うまく数値が出ないというトラブルが発生します

EDGEシリーズと使用するときはANT+のみで接続するようにしてください。

・そもそもペアリングしない場合

クランクを回しながらセンサー追加をしてもセンサーが発見されない場合があります。その場合はセンサーから信号が出ていない可能性があります。

まず、電池の消耗を疑ってください。

購入時の電池はあくまで「テスト電池」という位置づけで入っているものなので、市販の電池に交換してみてください。

それでもダメな場合

ごくまれに接触が悪い場合があります。

赤〇で囲った部分の接続が悪く信号が発信されていない場合があります。

その場合は本体側の〇で囲った部分を軽く持ち上げるようにしてあげると、フタ側の接点との接触が改善される場合があります。

フタをしめてクランクにつけて回して黄緑ランプがつけば接触が改善しているのでペアリングができるはずです。

GARMIN CDセンサー

ケイデンスセンサーがうまくペアリングできないときの参考になればと思います。

*電池交換時の注意も記事にしていますので、合わせてご覧ください。

GARMIN ケイデンスセンサーの電池交換時の注意点

以上ライトウェイプロダクツジャパンカスタマーサービス

カマタアツシでした

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 4.50 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter