KCNC SCフォース 超軽量ドロップハンドルを一年間使ってみて 山中真

KCNC SC FORCEハンドル 早いもので使い始めてもう一年が過ぎました。

SCフォースハンドル ファーストインプレはコチラ

 

シクロクロスは2シーズン目、夏はロード練習にSDA王滝100km、バニーホップ練習、様々な用途で使用してきました。

かなり酷使したと思います。

 

KCNC SC FORCEは重量「210g」、16800円(税抜)です。

どんな操作、動作でもハンドルが軽いというのはメリットしかありません。

そこにハンドルのしなやかさ、耐久性、あとは価格。

 

一年使用した感想としては申し分ない、その一言です。

しなやかさはカーボンほどではありませんが多少はしなりますしオフロードでの振動もあまり気にならないです。

スカンジウムということでステムのボルト締め付け、ブラケットのバンド締め付けを気を使わず行えるのもいいですね。

ドロップハンドルはバーテープを巻きます。

カーボンハンドルだと落車したときにクラックが入り知らずに乗っていたという話を聞いたこともあります。

アルミハンドルだとほぼないこと、自分の身を守るパーツの一つです。

どうしても落車、扱いが雑になります、自転車入門者、オフロード初心者にオススメです。

 

KCNCならカーボンハンドルに相当する重量で低価格、一度使用してみてください。

 

商品ページはコチラ

SCフォース [SC FORCE]

 

山中 真(やまなか しん)

セルフディスカバリーアドベンチャーin王滝を中心に走るオフロードライダー。近年はシクロクロスにも東海地方のレースをメインに参戦中。GTサポートライダー。

主な成績

・2014年 SDA王滝 5月 100km 4時間28分6秒(現コースレコード)優勝
・2017年 SDA王滝 5月 100km 4位、11月 120km 4位
・2016年 東海シクロクロス シーズン成績 2位
・2017年 JCX シクロクロス広島 優勝

ブログ

http://blog.livedoor.jp/sevenride/

Facebook

https://www.facebook.com/shin.yamanaka

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter