ロードの軽量化ならコレ!KCNC軽量化三種の神器

DSC_0615

坂バカスタッフRYOです。

KCNCと言えば、CNC切削による超軽量パーツ。

その中でも特に効果的なオススメ超軽量パーツをご紹介します。

 

軽快なダンシング「TIプロライト ピラー」

メイン素材はスカンジウム合金。ボルトはチタンです。

 

長さ350mm、27.2mm径の実測重量は153g(!)

 

ロードで使うには長すぎるので100mmカットして、123g(!!)

実際に手に持つと異常な軽さです(笑)

スカンジウムというのはレアメタルで、アルミと混ぜて使用することで飛躍的に強度が向上します。

このシートポストでは素材の強度が高い分、限界まで薄く削り出して、超軽量に仕上げています。

 

ここが軽くなるとダンシングの動きが軽やかになります。

これは間違いなく体感頂けるはずです。

例えると、FELTのF5(105完成車で約20万円)が、F1フレーム(フレームセットで約30万円)になったくらい、軽やかさに差が出ます。

 

詳しくはコチラ

ロードバイク軽量化の最右翼!スカンジウム 超軽量シートポスト KCNC「TIプロライト」

 

商品ページはコチラ

https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/product/%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88-ti-pro-lite/

 

美しい切削「TEAM ISSUE ステム」

素材は7075アルミ合金。

最高級、最高強度のアルミです。

 

DSC_0160

内部やキャップの裏まで徹底的に削り出し。

強度の高い7075アルミだからこそできることです。

 

31.8mmクランプ、120mmで、実測重量は113g(!)

軽量ステムには剛性不足を感じる製品もたまにありますが、これは剛性的に不足を感じることはないと思います。

 

詳しくはコチラで紹介しています。

11,000円で100g!KCNCの超軽量ステム「TEAM ISSUE」

 

商品ページはコチラ

チームイシュー [TEAM ISSUE]

 

スカンジウム製「SCフォース ハンドル」

KCNCお得意のスカンジウム合金製。

 

31.8mmクランプ、400mm幅で、実測重量は222g(!)

スカンジウム合金製なので剛性も充分。

と同時に希少な素材なので価格も上昇します(笑)

それでも、1万円台としてはありえない軽量さです。

これと同じくらい軽量なハンドルを買おうとするとカーボンになりますが、値段は倍になってしまいますね。

 

詳しくはコチラで紹介しています。

カーボンより軽い!スカンジウム製 超軽量ハンドル KCNC「SCフォース」

 

商品ページはコチラ

SCフォース [SC FORCE]

 

【費用対軽量化は?】

ピラー

BBB スカイスクレーパー 27.2 270mmにカット済(230g)から、

107gの軽量化!

ステム

BBB ウルトラフォース 31.8 120mm(151g)から、

38gの軽量化!

ハンドル

ZIPP Service Course SL-88(275g)から、

53gの軽量化!

 

3つを合わせて、198gの軽量化!!

ピラー13,800円+ステム11,000円+ハンドル16,800円、かかった費用は合計¥41,600!

決して小さい金額ではないのですが、考えても見てください。

フレームで200g軽いものを買うとしたらどうでしょう?

例えばFELTのロードで、FR FRDフレームキットとFR1フレームキットの重量差はおよそ200g。

ところが、その価格差は18万円!

それを考えるとコスパの高い軽量化だと思いませんか?

しかも、シートポスト、ステム、ハンドルは、バイクの上部に付いているパーツです。

これが200g軽くなるとすると、バイクの振りは劇的に軽くなります。

重心位置が下がって安定感が高まる効果もありますね。

KCNCのパーツは他社の同価格帯と比べて軽量ですので、是非実際に比べてみてください!

 

最小の費用で最大の軽量化効果を出したい方に「KCNC軽量化三種の神器」オススメです!!

 

 

※価格は2020年現在です。最新情報は商品ページをご覧ください。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (33 votes, average: 3.42 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。