IMPRESSION

FURY
"ホットシートの常連"になれるDHバイク
 フューリーのメディアローンチは、ワールドカップDH第2戦の決勝を、ライブで鑑賞した後で。という演出がなされた。
 レースが終わった後、広報担当が出てきて一言「これでプレゼンテーションは終わりです。」
 もちろんジョークだが、開幕戦に続き、男女とも優勝を果たしたアサートン兄妹の走りを観た後では、誰もが新型フューリーのポテンシャルに納得せざるを得なかった。
 カーボンフレームが主流になりつつあるDHシーンに、カーボンの’13モデルに比べ、300gもの軽量化を達成したアルミフレームの新型を投入したことは、GTが培ってきたアルミ加工技術の高さを物語る。
 またGTファクトリーレーシングチームによって煮詰められたジオメトリーとサスペンションデザインを得たフューリーは、文字通りホットシートに、最も近いバイクなのだ。

価格未定
フレームセットのみの取り扱いとなります。

「下りに特化しているので、AOSの採用は見送った」という開発陣。27. 5インチの可能性も否定はしなかったが?
FOX DHX RC4は取り付け位置が変更され低重心化に貢献。
優れた路面追従性により、リアルレーサーだけでなくDHパークライダーにも安定感の高い走りを提供するiDシステム。
OTHER LINEUP
【 FURY EXPERT 】
 リアユニットがFOX VAN RCに変更された以外は上位モデルと同一のフレーム。サスフォークはFOX 40R。レースフェイス・チェスタークランクにシマノ・デオーレ/ZEEのコンポーネントをアッセンブル。ブレーキはチームのシマノ・セイントからフォーミュラT1s/203㎜ローターに変更されている。
ハンス・レイのシグネチャーバイク&アクセサリー登場
 ’80年代からGTの“顔”として世界中のトレイルを走破し続けるハンス・レイのシグネチャーモデルの2014年モデルが2機種発表された。ブラック&ゴールドでコーディネートされたフレームには、ハンスが訪れた土地の名がロゴにあしらわれ、彼が実際に使用しているパーツがチョイスされている。「プロテクターやハイドレーションバッグなど、’14年に発売されるハンス・レイ・サーティファイド製品とコーディネートしてくれれば嬉しいね」。
 【 KARAKORAM 9er HANS REY EDITION 】
 2シーズン目となるカラコラムもセンサーと同様のグラフィックが与えられるほか、彼のデザインしたタイヤ、ケンダ・ハニーバジャー・プロが装着される。