Felt FR Advanced インプレッション 村田雄耶選手

 

2019~2020シーズンに弱虫ペダル サイクリングチームに所属した村田雄耶(むらた ゆうや)選手が、2シーズンを通して乗り継いだFelt FR アドバンスド(ディスクブレーキ)をインプレッション。村田選手は2020シーズンを持って引退しましたが、引退後も引き続き同じバイクに乗り続けるほどFRとは相性が良いということで気に入って頂いています。

Felt FR製品ページ

ダンシングが上手くなる癖の無い乗り心地

2020年08月23日 群馬交流戦Day2

Felt FR アドバンスドを使用して、まず最初に思った事は非常に乗り心地が良いと感じました。

一定ペースで走行している時の安定感が高く、フレームに嫌なクセがないので、ペダリングのリズムを掴みやすく、変に力んだりせずに走れました。

今までに乗ったバイクの中でも1番の乗り心地で、自分はダンシングが上手くできず、苦手意識を感じていたのですが、このフレームはダンシングの感覚を掴みやすく、次第に苦手意識を感じなくなりました。

バイクの振りが軽い感じではなく、シッカリと重心をとらえて、前よりも長くダンシングできました。

 

特にヒルクライム性能が高い

他に感じた事は、非常に登坂能力の高いフレームだと思いました。

きつい坂や調子が悪い時でも、体がぶれずに走行できて、自転車がパワーをシッカリキャッチしてくれるので、楽しく登れました。

 

Jプロツアー赤城ヒルクライムで、5分短縮の13位

2020年8月22 群馬交流戦Day1

自分はFelt FR アドバンスドを約2年間乗りましたが、クライマー脚質な自分にとっては、非常に相性が良かったです。

総合力にバランスも良く、レースで問題なく使用できました。

レースでの成績も上がり、Jプロツアー赤城ヒルクライムレースでは、前回より5分速いタイムで、13位でゴールすることができました。

このフレームの恩恵は大きいと思います。

 

村田 雄耶(むらた ゆうや)

生年月日1997.01.23

所属チーム~2018 群馬グリフィン、~2020弱虫ペダルサイクリングチーム

主な戦歴/経歴/活動

2015
JBCF大分ロードレースE1 4位
全日本選手権ジュニア 19位

2017
西日チャレンジU23  2位
JBCF経済産業大臣旗 27位

2019
Jプロツアー 修善寺DAY-1 14位
Jプロツアー 赤城山ヒルクライム 13位
Jプロツアー 秋吉台カルストロード 15位

2020
Jプロツアー 東日本ロードクラシック群馬大会DAY-1 20位
Jプロツアー 東日本ロードクラシック群馬大会DAY-2 15位
Jプロツアー 群馬ロードレース8月大会/交流戦DAY-1 6位
参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (9 votes, average: 4.44 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter