Felt ブローム60 2020モデル 実走インプレ

BROAM 60

フェルトのアドベンチャーバイクがブロームシリーズ。

グラベルロードというジャンルのバイクでもあります。

グラベルロードと言っても幅が広いですが、グラベルレース向けではなく、ツーリング向けのグラベルロードがブロームです。

昔ながらのツーリングバイクと異なり、最新の技術、最新の規格で作られていることが特長です。

主に通勤と平地朝練で合計145km走りました。

 

戦車のような安定感

走り始めて感じるのはレースロードとは比べ物にのらないほどの高い安定性。
直進安定性が高いため歩行者並みの超低速で走ってもふらつきません。
特にきついヒルクライムでその特性を発揮してくれます。
さらにどんな路面状況でもぶれることなく進む走りはまるで戦車です。

 

ロードバイクらしい反応性

踏んだ時の反応はまさしくフェルトのロードです。
重量や太いタイヤによる重さこそあれど、剛性は高くペダリングにはダイレクト感があります。
立ち漕ぎでも非常にバイクを振りやすいです。
カーボンフォークとテーパードヘッドチューブのフロント周りは、ガッチリしていて安心感があります。
こういったロードバイクらしいライドフィールはジオメトリーから来るものも大きいと感じます。
BB下がりは低めにする傾向があるツーリング系バイクとしては珍しく、フェルトのレースロードFRと同じ72mmです。
重量的には当然レースロードより重く、スピードもレースロードには劣るのですが、走りの質がまさにロードバイクなので乗って楽しいバイクです

 

40cタイヤの乗り心地

ボリュームのあるタイヤはブロームの大きな特徴ですね。
ロードバイクで一般的な23-25cタイヤに見慣れているとかなり太く感じます。
これだけエアボリュームがあると歩道の段差で腰を上げる必要が無くなるくらい快適です。
タイヤの表面も遠目にはツルツルのスリックタイヤですが、実はヤスリ目のようなザラザラしたものなので、舗装路での軽さを持ちつつ、ダートも想像以上に走ってくれます。

 

荷物を積んだ時のバランス

実際にブロームにサイドバッグなどの荷物を積載して分かったのは、積載状態も想定してフレーム&フォークが設計されていることです。
特にフロントフォークがしっかりしていることが感じられます。
フロントフォークというのは構造的に剛性を確保することが難しい場所なんです。
荷物を積むとブレが出てしまうバイクは少なくありません。

ブロームは全くブレを感じませんので、ガシガシ荷物を積んでOKです。

様々な荷物やバッグを積むためのダボがたくさん着いている点も素晴らしいですね。

 

その他の特徴を画像で紹介

ディスクブレーキは機械式。
機械式のドロップハンドル用ディスクブレーキは、ブレーキの引きが重くて手が疲れるという欠点があります。
これは「対抗ピストン」というシステムでそれを解消しています。
対抗ピストン式のブレーキは通常はもっと上のグレードのバイクにしか使われません。
実際に使ってみても、引きは軽いですし、制動力も十分です。
注意点として、使い始めは効きが甘いので、ブレーキパッドの慣らしをしてから使い始めるようにしてください。

 

今のロードバイクのスタンダードになりつつある12mmスルーアクスルを前後に採用。末弟モデルのブローム60でもこの仕様なので、パーツのグレードアップに対応して、長く使えます。

 

メインコンポはシマノ クラリス。ロードバイク用コンポとしては最下位に位置するものですが、シマノだけあって十分な性能を持っています。クランクがFSA テンポなので、後々交換すると幸せになれます。

 

ゲル入りのサドルはただ柔らかいだけではなく反発力があるため、長時間ライドでも快適でした。

 

ブレーキブラケット部よりハンドル先端が広がったグラベル用のフレアハンドル。リラックスして握れます。

 

リムは左右非対称デザイン。左右のスポークテンションを均等に補正してホイールの剛性を高めます。

 

BB規格はネジ切り式のJIS68mm。信頼性を取ればベストな選択肢です。

 

実はパックリと隙間の空いた構造になっているダウンチューブ。ダウンチューブの大きな径のままBBに溶接して剛性を確保しています。フレームに内装したワイヤーもここから簡単に取り出せるので、メンテナンス性にもメリットがあります。

 

坂バカスタッフRYOでした。

商品ページはコチラ
https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/bikes/broam_60_7091/

車体の詳細をもっと知りたい場合はコチラ

https://www.riteway-jp.com/itemblog/%E8%87%AA%E8%BB%A2%E8%BB%8A%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/felt-21485/2018/12/_kamata

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 4.67 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter