久保埜一輝選手がFelt IAに乗りアイアンマンケアンズでカテゴリー優勝。世界選手権の出場権を獲得。

設計・素材・技巧で極める最先端のライディングを目指すスポーツバイクブランド「Felt Bicycles」の日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパン株式会社(本社 東京都豊島区、代表取締役社長 髙島義人)は、同社がバイクをサポートする久保埜一輝選手がアイアンマン・ケアンズのエイジカテゴリー25-29歳で優勝、アイアンマン・ハワイ世界選手権の出場権を獲得したことをお知らせいたします。

2019年6月9日、オーストラリア・ケアンズで開催された「アイアンマン・ケアンズ」は、アイアンマンのアジア太平洋地区選手権と位置付けられています。
今大会でエイジカテゴリー優勝を果たした久保埜一輝選手は、プロカテゴリーも含めた総合でも13位を獲得。日本人選手としては1位の記録を残しました。
スイム53分、バイク5時間5分、ラン3時間16分、合計9時間21分でゴールしています。
コーチとして生活し、決して多いとは言えない練習時間の中で、効果的なトレーニングに関する研究を重ねてきた成果が結果となって表れています。

久保埜一輝選手より、優勝のコメントをいただきました。

IRONMAN CAIRNS で優勝し、アジアパシフィックチャンピオンになる事が出来ました!これで世界選手権の権利獲得となります。
スイムを先頭で上がり、バイク約60km地点までトップ。その後、体格差のあるオーストラリア勢5〜6名に抜かれましたが、エアロ効果が高いバイクのお陰で大きく離される事なくランへ。
バイクで、大きくパワーセーブ出来たお陰で、ランでは脚が残っており、すぐにトップに立ち、そのまま12分の差をつけてゴール!今回は、バイクの性能をランで体感!脚を残す事が出来たかと。
高剛性のフレームは、脚が残りにくいと言われていますが、パワーがしっかり伝わり、推進力に変わる事は非常に重要です。
次は、佐渡国際トライアスロン、アイアンマン世界選手権と続きます!ここに向けて引き続き、練習を積み上げていきたいと思います!

久保埜選手のバイクは、Felt IA FRD。トライアスロン専用設計のトップグレードバイクです。
斜め前方からの風を念頭におき、徹底して磨き上げられたエアロダイナミクスデザイン、疲れを残さないフレームサスペンション構造など、数えきれないほどのトライアスロン専用テクノロジーが採用された、数々の栄光に彩られながらも進化を止めることのないチャンピオンバイクです。

Felt IA シリーズはこちら
https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/ia/

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter