Felt「F1x」前田公平選手CXバイクチェック

坂バカスタッフRYOです。

シクロクロス東京で、弱虫ペダルサイクリングチーム「前田公平」選手のシクロクロスバイク「Felt F1x」をチェックしてきました!

前田選手は、ジュニア時代にMTBでアジアチャンピオンに輝いたこともあるオフロード出身ライダー。

2017年の全日本シクロクロスでは3位でした。

MTBでも表彰台に上がっている、国内トップオフロードライダーです。

シクロクロスで使用するのはFeltの「F1xフレームキット」。

F1や航空宇宙産業で使用されるスウェーデンのマテリアルメーカーが作る「TeXtreme」カーボンを使用しているフレームです。

使用するのはレッドのバーテープを巻いたF1xと、

ブルーのバーテープを巻いた同じくF1xの2台体制。

今回はブルーの方を紹介します。

パーツもブルーアルマイトで統一されていて、カッコいい。

Fxシリーズはシートステーとトップチューブが繋がったような形状になっています。

横剛性を向上させています。

もちろんトップチューブは担いだ時に肩に優しい「ショルダーフレンドリートップチューブ」です。

ちなみにシートポストに貼ってあるマスキングテープはサドル高の記録用。

遠征が多く、輪行でシートポストを抜いても高さが分かるようにしているそうです。

ビンディングペダルはクランクブラザーズのエッグビーター。

泥はけが良く、脱着が簡単なので、シクロクロスにはピッタリです。

前後方向にシューズとの接触面が狭いので、ソール剛性が高いシューズを合わせるのがオススメとの前田選手談。

ハブはインダストリーナイン。シンプルにカッコいい。

アクスルは12mmスルーです。

前田選手はインダストリーナインの個人サポートを受けています。

リムはFORMOSAのカーボンチューブラー。

ニップルもブルーアルマイトで合わされています。

タイヤはChallengeのサポートです。

「TEAM EDITION」「Prototype」ゴクリ…

フレーム/フォーク側のディスクブレーキ台座はフラットマウント規格。

前田選手のバイクは以前から使ってるポストマウント規格のブレーキを使うためアダプターを介しています。

コンポーネントはSram Force 1。

フロントシングル仕様のため、やはりシングル専用のSramが相性良しのようです。

念には念を。チェーンキャッチャーも併用しています。

フロントディレーラーの台座を流用して装着していますね。

クランクはROTORのサポートでQ-Ringsを使用。

ハンドルとステムはフィジークです。

 

Felt F1xの商品ページはコチラ

F1x Frame Kit

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+