『伊藤杏菜 女子大生×ロードレース』②

こんにちは! Champion System Japan チームの伊藤杏菜です。

 

ロードバイクを乗り始めるきっかけは、人それぞれ異なりますが、

最近では健康の為やダイエット目的などで乗り始める方々が増えてきて、

その影響でサイクルスポーツの知名度も少しづつですが高まって来ています。

 

サイクリングやロングライド、ツーリングなど、仲間同士で楽しく走る方も良く見かける様になってきています。

私が出場しているサイクルロードレースの世界は、残念ながら今の日本ではまだまだマイナースポーツで、あまり詳しくは知られていません。

世界に目を向けてみると、ツール・ド・フランスやジロ・デ・イタリアなどのグランツールと呼ばれる大きなステージレースは特に人気が高く、レースシーズンになると老若男女多くの観客が会場に集まり、応援にも熱が入るシーンが、レース映像からも見受けられます。

 

しかし、日本では、オリンピックでの自転車競技をはじめ、このグランツールですら地上波テレビでの中継がないので、

ケーブルTVやインターネット中継で見る方法しかないのが現状です。

 

ロードレースの種類は

・1日で勝敗を決するワンデイレース

・2日以上にわたって行われ、総合タイムで順位を競うステージレース

・短いコースを何周も回り、順位を競うクリテリウム

・決められたコースのタイムを競うタイムトライアル

・長い登り坂を登り、タイムを競うヒルクライム

と大きく分類するとこの5種類に分けられます。

 

ステージレースに限らず、ワンデイレースにおいても各チームは勝利を目指してさまざまな戦術、戦略を練って所属チームの選手をどういった作戦で戦わせるかという駆け引きが見る観客を魅了し感動も与えるひとつです。

 

国内では

5月にはツアー・オブ・ジャパンという1週間をかけて大阪から東京までの各開催地を転戦するステージレースをはじめ、

6月に全日本選手権が行われ、今年は栃木県の那須で開催されます。

また、長年日本のロードレースファンにとっての最高のレースと呼ばれるのが10月に栃木県宇都宮市で開催されるJAPAN CUP CYCLE ROAD RACEがあります。

このJAPAN CUPは国際大会でヨーロッパのプロチームに所属する有名選手が集結するファンにとっては選手の走りを目前で観戦できるので話題になります。

 

プロフェッショナルからホビーレーサーまで、幅広い選手たちがサイクルロードレースを1年を通して全国各地を転戦するJBCF(全日本実業団自転車競技連盟)のロードシリーズの中で女子カテゴリーとなるのが、J-FEMININ TOURです。

 

ぜひ、近くの開催地等があれば現地に観戦に行ってみてください。

ロードレースの魅力を生で体験していただけると思います。

そして声援をお願いいたします。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter