FELT FアルミシリーズのヘッドパーツをパワーUP!~セミインテグラルをインテグラル化~

今回は、FELT Fアルミシリーズのヘッドパーツをカスタムします。

FELT F75 2018年モデルをインテグラル化します!

※専用工具・専門知識を要するため、販売店でのご依頼をお願い致します。

※FELT以外のロードバイクでもインテグラル化が出来るとは限りませんのでご注意下さい。

セミインテグラル&インテグラルとは・・・?

「セミインテグラル」とは、このようなヘッドパーツ↓


ヘッドチューブ内にワンを打ち込み、リテーナーベアリングもしくはシールドベアリングを置いて稼動させるタイプ。見た目がインテグラルに似ていることから、”セミ”インテグラルと呼ばれてます。(Fシリーズの場合、写真のようなリテーナーベアリングが入っています。)
「インテグラル」とは、このようなヘッドパーツ↓

ヘッドチューブ内にシールドベアリングだけを置いて稼動させるタイプ

最近のロードバイクでは後者のインテグラルタイプが主流です。

インテグラルの方が、メリットが多いことが上げられます。

軽量化、シールドベアリングで耐久性アップ、故障した際には交換が容易に出来ます。

FELTではモデルによって上記2種類の規格を使い分けられており、セミインテグラルはアルミモデルに多く採用されております。

まずは、Fシリーズのヘッド規格を確認。

Fシリーズは、上ワン1-1/8・下ワン1-1/2(1.5)

適正のヘッドパーツを準備。

・KCNC  KHS-PT1860テーパー ¥6800(税抜)

・BBB  BHP-46   ¥14800(税抜)

ワンを取り外して、フロントフォークの下玉押しを付け替えていきます。※専用工具・専門知識を要するため、販売店でのご依頼をお願い致します。

完成!!!

Before↓

After↓

外見、全く変わっていません(笑)

しかし、中身はしっかり変わってます!!!劇的にバイクの性能が上がるわけではありませんが、損はありません!

ヘッドパーツは消耗品ですので、1度ご自身のバイク確認してみてはいかがでしょうか?消耗していたらパワーUPのチャンスです!

以上、少しマニアックなグレードアップ術のご紹介でした!

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (18 votes, average: 3.94 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter