Charge Bikes 2019モデル発表

シンプル&モダンをコンセプトとするイギリスのスポーツ自転車ブランド「Charge bikes(チャージバイクス)」の日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパン株式会社(本社 東京都豊島区、代表取締役社長 高島義人)は、2019年モデルのラインアップを発表いたします。

今回発表する製品の特長は次の通りです。

【PLUG】
スチールフレームのタフなスポーツバイク。
新しいPlugはスチールフレームにオールロード対応の新しいジオメトリーと、転がり抵抗の少なく、快適な乗り心地、高い信頼性、感動的なグリップを持つラージボリュームタイヤを採用。耐久性の高いホイールとエクセレントなコンポーネント、ラックやフェンダーの取付にも対応。通勤も冒険もシンプルにしていくバイクです。

PLUG 0 89,800円(税抜)

PLUG 1 178,000円(税抜)

PLUS 2 248,000円(税抜)

 

【GRATER】
ホリゾンタルのスチールフレームにフラットバーを組み合わせたスポーツユーティリティバイク。
どんな天気でも、どんな日でも街を駆けるサイクリストのため、信頼性の高いフレーム・パーツ・タイヤを採用。耐パンクに優れたタイヤはコンディションを選ばず、アンチラストチェーンは頻繁なメンテナンスからオーナーを解放します。さらにサドル・グリップ等からだが触れる部分には徹底的なこだわりを見せています。

GRATER 0 89,800円(税抜)

GRATER 1 118,000円(税抜)

 

【CLEAVER】
ダウンヒルバイクの原点「クランカー」をオマージュ
Chage Bikesのニック・ラーセンは、イングランドのサマセットで行われた「Hack Bike Derby」に招待された17人のフレームビルダーのうちの1人です。そこでMTBの原点ともいえる、ビーチクルーザーを改造した「クランカー」と呼ばれるバイクをオマージュしたフレームをハンドメイドしました。Cleaverはそのバイクをプロダクションています。

CLEAVER 59,800円(税抜)

 

【COOKER】
キッズ向けの妥協なきファットバイク
子供向けでも妥協をしないホンモノのタフさを持ったファットバイクです。アルミ製のフレームは子供でも十分に扱い、ライドができる重量に収めます。アスファルトも、公園のダートもどこでも走れる本格的なオフローダーのシルエットはカタチだけではありません。

Cooker 20 49,800円(税抜)

Cooker 24 49,800円(税抜)

今回販売を開始する全モデルの一覧はこちらをご覧ください。
https://www.riteway-jp.com/bicycle/charge/bikes/onsale

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+