新FELT FR ファーストインプレ~Fとの違いを解説~

FとFRの違いを実走インプレッション

image

坂バカプロモーションスタッフRYOです。

定評あるFシリーズが全面的にモデルチェンジして誕生したFRシリーズ。

FELT渾身の自信作とのことで、試乗するのを楽しみにしていました!

過去にFシリーズの全カーボングレードを乗り比べているので、それを踏まえたFRシリーズのファーストインプレッションです。

Fシリーズのグレード比較インプレッションはコチラから

Fシリーズ グレード比較インプレ

 

インプレッションの詳細

メインで試乗したのは2017モデルのFR2(540mm)

カーボングレードはUHC Advanced+Textreme

FR1フレームキットとまったく同じフレームです。

ジャパンカップのコース(きついアップダウンあり)×4周+平坦基調の合計57km走りました。

さらにFR5(510mm)も軽く15kmほど試乗しました。

FR5のカーボングレードはUHC Advancedです。

 

異常なほどに軽い「フリ」

image

走り出してまず感じるのは、バイクのフリがかなり軽いということ。

Fシリーズよりさらに軽くなってると感じました。

ハンドルが軽く振れるので、あとはそれに合わせてペダルを踏むだけです。
フロントのもたつき感がまったくありません。

ハンドルがペダリングを引っ張ってくれるようなイメージです。

特にスプリントでは、バイクのフリとともにどんどんケイデンスが上がり、さらにギヤも上げることができ、スプリントが大苦手な私でもスプリンターになった気分です(笑)

当然ヒルクライムのダンシングもその軽いフリが助けてくれます。

ちなみにFR5になると、気持~ち反応が遅れる感じはありました。

 

さらに高まったペダリング剛性

image

FシリーズよりBB回りの剛性は高くなった気がします。

クランクのギリギリまでフレーム幅を
広げたBB386の影響でしょうか。

踏んだ時にFよりも更に上をいく「芯」を感じます。

パワーがまったく逃げません。

相変わらず素直な反応なので、剛性は高くても踏みにくさはなく、どんどんギヤを掛けたくなります。

 

路面に食らいつくリアの柔軟性

image

FRシリーズで大幅に形状が変更されたポイント。

ブレーキブリッジを廃し、シートステーがトップチューブに繋がるデザイン。

結果、ライダーに対する衝撃を吸収する能力は向上していることを体感しました。

さらに重要なのは、荒れた路面でもリアタイヤが路面をしっかり捕らえ、ペダリングパワーを逃がさないことです。

特にスプリントやダンシングでその恩恵は大きいです。

個人的にも、完成度の高かったFシリーズで唯一気になる点はリアバックが少し跳ねやすいことでした。

開発側も恐らくそこの改善をねらったのだと思います。

 

まとめ

image

長くなったヘッドチューブ(と言ってもまだ他社よりは短いですが)、28cタイヤクリアランス、そしてトップチューブに接続されるブリッジレスシートステー。

これらの特徴を見ると、Fシリーズをコンフォート方向に味付けしたバイクなのかなと思いますよね?
私も単純にそう思っていました(笑)

でも、実際に乗るとFのレーシング性能をさらに高めたのが、新FRシリーズだということを確かに実感しました。

あくまでピュアレーサーだということが伝わってきます。

まさに「トータルレーシング」

レースに必要な性能のすべてがブラッシュアップされています!

 

商品ページはコチラ
https://www.riteway-jp.com/bicycle/felt/2017fr/

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (9 votes, average: 4.22 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。