FELT AR Advanced 105の販売を開始

設計・素材・技巧で極める最先端のライディングを目指すスポーツバイクブランド「Felt Bicycles(以下フェルト)」の日本での販売元を務めるライトウェイプロダクツジャパン株式会社(本社 東京都豊島区、代表取締役社長 髙島 義人)は、レース向けロードバイク「AR(エーアール)」の新モデル「AR Advanced 105(エーアール アドバンスド 105)」の日本国内での販売を開始いたしました。

2021年2月頃より全国のフェルトレーシングバイク取扱店にてお買い求めいただけます。
今回販売を開始する「AR Advanced 105」の詳細は次の通りです。

全く新しいエアロロードバイクとして熱烈な支持を受けているAR。
ぐっと身近になった価格でエアロロードの最先端を体感できるAR Advanced 105が新たにラインナップに加わります。

AR Advanced 105  448,000円 (税抜)
カラー:スターリーナイト
サイズ:480、510、530、560

主なスペック
フレーム:UHC Advanced + TeXtreme カーボン、BB386、機械式電動式シフト両対応
フォーク:UHC Advanced + TeXtreme カーボン、モノコックコンストラクション
ハンドル:Devox DBarカーボンエアロ
メインコンポーネント:シマノ 105 R7000

・コンポーネントをシマノ 105に統一。ブレーキ/シフトレバーは48サイズが小さい手でも操作しやすいショートリーチのR7025、51サイズから上はR7020と、サイズによって細かい設定がなされています。
・チャコールにラメの入った新しいカラー。

 

【FELT ARについて】
フェルトは2008年に初代「AR」を発表。ロードレースにエアロダイナミクスという新たな基準を持ち込みました。また2014年には、二代目となる「AR」を発表。現在に至るまでロードバイクのエアロダイナミクスにおいてベンチマークであり続けました。現在のロードレースでは殆どのライダーがエアロロードと呼ばれるバイクに乗り、エアロダイナミクスがチームの勝敗に大きく関わってくるとの認識が広がっています。エアロロードは多くのバイクブランドがハイエンドクラスに製品を送り込む、華やかなカテゴリーとなりました。

2020年2月、満を持して三世代目のARを発売。新しい「AR」は、「ロー・ヨーアングル・セオリー」という考え方に基づいて設計されていることが最大の特徴です。ロードレースにおける分析から、進行方向に対して左右10度以内の空気の流れに対して最適化を行うのが、結果的に早くゴールへ到着できるという考え方です。
「トランケーテッド・エアフォイル・シェイプ」「フィッシュリップ・シェイプ・シートチューブ」「スクエアード・BBシェイプ」など様々な新しい要素がありますが、それらはすべて「ロー・ヨーアングル・セオリー」に基づき、ロードレースに勝つために考えられています。結果、ヨー角0度時に9.4%の空力性能の向上を果たしています。

 

トランケーテッド・エアフォイル・シェイプ
ダウンチューブに翼断面形状の後端部を切り取った「トランケーテッド・エアフォイル・シェイプ」を採用。UCIルールへの適合・剛性・空力を高いレベルで最適化。

 

 

フィッシュリップ・シェイプ・シートチューブ
シートチューブはリアホイールを包み込むようにカット。その断面は外側へ向かって張り出す「フィッシュリップ」形状。

 

 

 

スクエアードBBシェイプ
ボリュームをカットしチェーンステーを外側に張り出す独自形状で、空力とペダリング剛性を両立。

 

セミインテグレーテッド・コックピット
ロードバイクはツアーとともにある。輸送・メンテナンスを考え、すべてのケーブルを内装はせず、一部を露出させている。

 

 

フルカーボン製専用エアロステム
ケーブルを内蔵するエアロ形状のステムを付属させる。一般的なステムに入れ替えて利用することも可能。

 

 

 

リーフスプリングシートポスト,ダンピング・シートポストスリーブ
切り込みの入ったシートポストと、樹脂製エラストマーを内蔵したスリーブの組み合わせによって快適な乗り心地を確保。

 

 

 

30Cタイアクリアランス
ワイドタイヤ化のトレンドを追従し、30Cまでのタイヤを装着可能なクリアランスを確保。

FELT AR Webサイト

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter