2020モデル GT ROAD SPORT の紹介

脚を回し、カラダを燃やし尽くすロードバイク。

「新型GT Roadは、ロードバイクの楽しみをすべて実現するために生まれてきた。

軽量のアルミフレーム、テーパーヘッドチューブ、フルカーボンフォーク、フラットマウントディスクブレーキ、スルーアクスルなど、最新のトレンドを携えている。

迷うことはない、外に出て欲しいものを手に入れよう。」

GT Road Sport

GT Road スポーツ

99,800円(税抜)

サイズ展開:XS、S、M

カラー:ガンメタル

全体像

久しぶりにGTのロードが帰ってきた!と思ったら、GTらしくトリプルトライアングルのフレームになっているし、ファンには嬉しいデザインです。

トリプルトライアングルはシートステーとダウンチューブが平行になっている所がフレームがかっこよく見えるポイントなんです。*サイズによります

フローティングシートステー

2020モデルから取り入れたフローティングシートステー

トリプルトライアングルと言えば、シートステーがトップチューブから伸び、シートチューブとも溶接でつながり、タフネスなイメージのフレームでした。

新型フローティングシートステーはシートチューブの溶接が無いのが最大の特徴。

ワイドスタンスなシートステーでねじれ剛性に強く、さらに振動減衰性も高い。

古いGTはフローティングシートステーだった

私物のGT team avalanche

ピンボケしてしまいましたが、シートステーとシートチューブは溶接されていない、フローテイングシートステーになっているのが見えますね。

厳密にいうとフローティングしていなかった

新フローティングシートステーと違い、シートステーブリッジが2本あり、そのうちの一本はシートチューブに溶接されています。

新フローテイングシートステーは100%フローティングです。まさに技術革新ですね。

完全にフローティングしたシートステー

ヘッドは1 1/8 – 1 1/4″ テーパード

ディスクブレーキはフラットマウント規格 エンドは12×142ミリ

BBはスレッド

フロントフォークはフルカーボンです。GTのオリジナルプレッシャーアンカーを見たのは初めてです。

フロント12×100ミリスルーアクスル

 

内蔵ルーティング

美しく見えるアウター内蔵式フレーム

フェンダーダボあり

フロントのフェンダーダボはパッと見気づかない場所にあります。エンド付近にはダボばありません。

写真の赤で囲った部分にダボが用意されています。

タイヤクリアランスは

あくまでロードレーサーなので、標準装備28Cですが、32Cでも干渉してしまいそうです。もしグラベルロードとして兼用するなら、650Bホイールで太いタイヤを履かせる必要がありそうです。

コンポーネントを押さえて税抜価格が10万円を切る嬉しい価格設定となっています。

ロードレースから、カスタムしてグラベルレーサーに。これをベースにしていろいろ楽しめそうな一台です。

詳しいスペックなどはこちらから

ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス

カマタアツシでした

author:カマタアツシ ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス所属:神奈川県出身、埼玉県在住。
参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter