【ディスクロード】2020 FELT FR Advanced 105(アクアフレッシュ/ テクストリーム) の紹介

フェルトのオールラウンドなロードレーサー、 FRシリーズの2020モデルのご紹介です。

FR Advanced  105

288,000円(税抜)
1) アクアフレッシュ / マットテクストリーム
2) プラズマレッド / テクストリーム
47、51、54、56cm

今回ご紹介するのはFR Advanced 105 。フルカーボンフレーム&ディスクブレーキ搭載モデルです。

FRシリーズは2017モデルで初めてリリースされ、ディスクブレーキ搭載は2018から登場し、2020モデルとしてリリースされたモデルでは全てがディスクブレーキ搭載となりました。

全体像

画像はプラズマレッド / テクストリーム 510サイズ

2020モデルからフレームはUltimateとAdvancedの2グレードとなり、Advancedの中でコンポーネントの違いでアルテグラDi2/アルテグラ機械式/105の3種類から選択できます。紹介するのは105です。

フレーム&フォーク

UHC Advanced + TeXtreme カーボン

重量
フレーム:920g(510mm/塗装込/小物込)、フォーク:440g

サイズ別ヘッドチューブ

サイズごとに3種類のコラムのサイズを使い分けています。ライダーの体格に合わせて、大きなサイズでは大口径のベアリングを採用し剛性を確保。小さいサイズでは小口径のベアリングを採用して軽量化を実現しています。

ブリッジレスシートステー

シートステーのブリッジが無いフレームの為、振動の吸収性と路面追従性もアップしています。

 

トップチューブから伸びるシートステー

ステーがシートチューブを挟んでトップチューブまで伸びています。

これによりシートステーの幅が広くなるので、横方向のねじれに強くなります。シートステーもわずかに長くなるので、振動吸収性も路面追従性能も向上します。

 

フラットマウント油圧ブレーキ

ディスクロードの規格と言えばフラットマウント。各社この規格に統一してきている感がありますね。

 

前後スルーアクスル

ディスクブレーキ化に伴い、前後がスルーアクスル化されています。

ディスクロードのスルーアクスルも統一化が進んでいて、フロント100×12、リア142×12というのが一般的になりつつあります。

 

ドライブトレインはシマノ105がメイン

クランクはPraxis Works Alba、52/36T、47cm: 165mm 51cm: 170mm、54 – 56cm: 172.5mm

Praxis Works M30 386EVO

タイヤクリアランスは28Cまで

Vittoria Rubino Pro G+ folding、700 x 25cが標準装備ですが、28Cまでが装着可能です

メーカーによって太さに誤差があるので、ご注意ください。

 

チューブレスレディーホイール標準装備

FELTオリジナルパーツDEVOX

ハンドル、ステムはFELTオリジナルブランドのDEVOXを採用。

サドルはprologo 社製 ノーズが短めのモデルです。

 

Devox UHC Performance カーボン、47 – 51cm: Ø27.2mm x 294mm、54 – 56cm: Ø27.2mm x 344mm

詳しい商品情報はこちら

以上、 2020 FELT FR Advanced  105のご紹介でした

ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス

カマタアツシでした

author:カマタアツシ ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス所属 アウトドアスポーツ全般が好き、トライアスロンに出場するときはレースと一緒にキャンプも楽しむ。

 

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 4.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter