MTB DNAから生まれたロード!?「GT」「GRADE」

いま、アメリカではMTBがアツい!そこで「GT」の「GRADE」を紹介します。

そんなアメリカから生まれたBIKEをご紹介します。

!cid_15933948-9e25-4dc6-8e47-0bb40cc85110

早速、このBIKEの特徴を説明させて頂きます。

最近、ロード系カテゴリーでも、ディスクロードやグラベルロードなど多ジャンルになってきていますよね。

このGRADEもそっち系かな・・・

待ってください!このGRADEは、それらのジャンルには入りません!

では、「何が違うのか」、

「GRADE特有のポイントはどこなのか」を見ていきましょう。

まずは、なんといっても「ペンよりも細いシートステー!」

!cid_9839a61e-e392-4592-be9f-a841a4c0b15e

こんなに細いと心配ですよね。

構造は、中にグラスファイバー、外側にカーボンを巻いているため、強度はばっちりです。タフさが売りのGTが作ったのですから、間違いありません。

そして、この細さでしなりが生まれ、約1cmストロークします。

振動吸収性、乗り心地は最高です。

!cid_6b4a5842-63e7-4700-8aff-aeeb683a1bc0

「ディスクロード、シクロクロスとは何が違うのか?」

ジオメトリーが全く違います!

ヘッドチューブはレース系ロードバイクと比べて長く、楽なポジションを取りやすいです。ホイールベースも長く、安定性が高いです。

BBハイトはシクロクロスよりも低く、安定性を重視しています。

ジオメトリと乗り心地から、レース系ロードバイクやシクロクロスとして使用するよりも、

「のんびりロングライド」や、「未舗装路で遊びたい」という方にお勧めです。

細かいポイントを見ていきましょう。

クリアランスが広いので、タイヤは35Cまで履けます。

!cid_2da8dd33-ab26-4145-9d8f-bc3dac33f3be

ケーブル類はダウンチューブにまとまっています。

!cid_80a73bd7-7e97-4628-a822-7f651797c2a0

ハンドルは、ハの字になっているため、下ハンを持った状態の安定性が高いです。

!cid_b9544efa-ceb7-43ba-93a6-66fe49055a95

総括すると、

レース系イベントにはあまり興味がない

とにかく楽に走りたい

山道など未舗装路を走ってみたい

一台で通勤にも使いたい

楽しみ方は、乗り手次第な幅広いBIKEになっています。

さらに詳しい情報はこちら。

https://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/bikes/2015model/grade/
 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 4.25 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+