キャメルバック ポディウムチルボトルの保冷部分を新旧比較

新しくなったキャメルバック ポディウムチルボトル

*左が旧モデル、右が新モデル

キャメルバック ポディウムチルボトル新旧比較

 

チルボトルはポディウムボトルに保冷機能が付いたボトルです。

保冷部分は何か変更点があるのでしょうか。

ちなみに、

ポディウムボトルの新旧比較

はすでに記事にしていますので、そちらをご覧ください。

保冷部分の比較

外観では全く違いが分からないため、ボトルをカットして断面を見てみます。

新型チルボトル

キャメルバック ポディウムチルボトル新旧比較

旧型チルボトル

色が違うからなのか、旧型は新型よりも保冷部分が白っぽく見えます。

キャメルバック ポディウムチルボトル新旧比較

新型の方が、ほんのわずかですが、発泡素材の目が粗くなった感じがします。

キャメルバック ポディウムチルボトル新旧比較

保冷効果には差はありません。

結論

カットして確認してみましたが、保冷部分にはほとんど違いはなかった・・

ということが分かりました。

検証結果におつきあいいただきありがとうございました。

以上

ライトウェイプロダクツジャパンカスタマーサービス

カマタアツシでした

author:カマタアツシ ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス所属 海沿いに育ち、海のない埼玉県在住 3児の父 趣味はトライアスロン

 

 

 

 

 

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter