キャメルバッグ ポディウムボトルの新旧比較

新しくなったキャメルバッグのポディウムボトル

変更点をご紹介です

①キャップが変わった

この点についてはすでに以前の記事で触れています。

分解方法

タグの外し方

ポディウムボトル新旧比較

②飲んだ感じも変わった

旧型のモデルと違い、フタの裏からシリコンのキャップがはまっています。

ポディウムボトル新旧比較

このキャップによって、ボトルを押したときに今までダイレクトに飛び出してきていた液体の流れが変わりました。

ボトルを押すとやや「優しい」感じで口の中に飛び出してきます。このシリコンキャップを外せば、旧型を同じような「勢いのある」感じで飲むことも可能です。

ポディウムボトル新旧比較

③ボトルの太さが変わった

旧型はボトルケージよってはきつくて入れにくいものがありました。

新型は旧型よりも細くなったのでボトルケージを選ばずに出し入れが可能になりました。

旧型:グリーン約76ミリ 新型:グレー約73ミリ

ポディウムボトル新旧比較

 

ポディウムボトル新旧比較

ポディウムボトル新旧比較 ④持った時の形状が変わった

旧型は意図しているのか分からないですが、右手でもった時に指がフィットするような形状をしています。

左手で持つとちょっと違和感があります。右手用に作られたような感じです。

新型は全体的にくぼんでいるので、どこを握っても同じ感触です。

ポディウムボトル新旧比較 ポディウムボトル新旧比較

以上キャメルバッグのポディウムボトルの新旧比較でした。

ライトウェイプロダクツジャパン

カスタマーサービス カマタでした

author:カマタアツシ ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス所属 海沿いに育ち、海のない埼玉県在住 3児の父 趣味はトライアスロン

 

 

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter