パワーメーター Garmin Vector3、最も手軽にズイフトをプレイする方法

【Garmin Vector3ユーザー&購入検討中ユーザー必見!】

バーチャルトレーナー「ズイフト」を初めてみたい!

けど、いろいろな手法の接続方法があってよくわからない方、まだまだ多くいらっしゃるかと思います。

今回はガーミンのパワーメーター「ベクター3」で手軽にズイフトに接続出来る方法を紹介します。

ベクター3とは?紹介記事コチラ

【”Bluetooth接続機能”が搭載】

ベクター3から通信規格ANT+に追加して”Bluetooth”通信規格に対応しました。

これによって、Bluetooth規格の端末に接続出来ます!今回紹介するのが一例になります。

【用意するもの】

・スマートフォン (ズイフトをインストール、アカウント登録必須)

・ローラー台(固定or三本)

・Garmin Vector3 or  Garmin Vector3S(最新のバージョンにしておく)

・Garmin サイクルコンピューター エッジシリーズ(あると良し)

これだけです(笑)

【接続開始】

ズイフトアプリを立ち上げる。

デバイスの接続で「パワーメーター」をタップ。

※注意※  スマートフォンのBluetooth接続をONにしておくこと。

ベクター3のペダルを回転させて、ペダル軸末端にあるLEDランプ点灯で起動確認。

のちに「検索中」の項目でベクター3の電波をキャッチ出来たらペアリングする。

パワーメーターの接続完了。

次にベクター3は、ケイデンスセンサーも備えているので同じ手順でペアリングをさせていきます。

心拍計もペアリングさせたいところですが、ガーミン純正の心拍計は通信規格(ANT+)のためスマートフォンとの接続は出来ません。Bluetooth対応の心拍計を別途購入するか、同時にガーミンのサイクルコンピューターを使用して心拍だけ表示させる方法があると思います。

これで準備完了!「レッツゴー」をタップして、ズイフトをお楽しみいただけます!

あとは汗をかくだけ!

【さらにズイフトが楽しくなる方法 過去記事】

ライトウェイの自転車用スマホホルダーで快適ローラートレーニング!

ZWIFTやるならこだわって欲しい CYCLEOPS クライミングライザーブロック


スマートトレーナーは使わないので、ズイフト醍醐味の負荷変動は当然ながら出来ませんが、凄くカンタン&手軽にズイフトを始められるかと思います。

ベクター3を購入検討中の方も欲しくなる理由が1つ増えたのでは?

私もズイフト始めます^^!

 

商品ページはコチラ

https://www.riteway-jp.com/pa/garmin/cyclecomputer.html

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+