出先でのちょっとした調整に最適な「マイクロフォールドS」を紹介

出先でのちょっとした調整に最適な「マイクロフォールドS」を紹介

無題

無題2

シンプルな外観

2/3/4/5mmヘックスレンチ +ドライバー(フィリップス) -ドライバー

無題3

100円玉と比べると、高さはほぼ一緒です。

使用するときは、使いたいビットを引き出して、反対側のビットをすべて、伸ばしておくと力が入れやすいです。

無題4

手のひらでしっかりと握ることが出来、整備の際も力が入れやすいです。

DSC_0764

DSC_0765

フレームはラバー素材で覆われ、力を込めても痛くなりづらいです。

冬場に触っても、ひんやりしません。

DSC_0766

 

 

 

↓の写真のタイプに比べ、ビット同士の接触面が大きく、力を入れたときのねじれに強いです。

DSC_0769○

各ビットのアップ

DSC_0770

DSC_0771

DSC_0771○

六角レンチの頭もしっかりと面取りしてあります。

DSC_0768

使用を続けていて、ビットが緩んでしまった場合も、サイドにあるボルト(六角3mm)を締めればOKです。

シンプルな構造な分、軽量(63g)かつ、コンパクトです。

余計なものはあまり持ちたくない、というライダーにお勧めです。

コンパクトツール「マイクロフォールドS」のご紹介でした。

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+