サイズが豊富でとにかく頼りになるシートピラー「BBB」の「スカイスクレイパー」

探してるサイズが絶対見つかるサイズ展開。
調整の自由度と確実な固定力を持つ頑丈なシートピラーです。

 

坂バカプロモーションスタッフRYOです!

会社から借りて乗り始めて1ヶ月ほどのFELT F FRDですが、付属のピラーでは自分のポジションが出ないので交換することにしました。

セットバックが小さいピラーを探して思い当たったのがBBBのSKYSCRAPER。ロードバイクに使う人は少ないと思うんですが、これがなかなかイイんです!

 

驚くべきサイズ展開の豊富さ

image

見てください。このサイズ展開。
困ったときのBBBです。こんな細かくサイズのあるピラーを私は見たことがありませんよ!( ̄- ̄)

 

無段階の角度調整と破損しにくい専用ボルト

DSC_0437

ヤグラには溝を切っていないので、角度は無限に調整できます。

ちょっと前上がり過ぎるな?でも溝一個分前下がりにすると前下がりすぎるぞ!?ということがありません。

DSC_0434

ボルトは実は専用品。通常このタイプのピラーは汎用品のボルトに球面ワッシャーを挟むのですがそのワッシャーが割れやすい。これはボルト自体が球面!割れませんよ!

 

タフで安心感のあるヤグラ

DSC_0438

DSC_0459

上下のヤグラ自体を見ても、非常にサドルに優しく安心感のある形状。サドルレールとの接触面が広いので、カーボンレールでも問題なさそうです。頼りになる!

 

ロードバイクに使っても意外に違和感なし

DSC_0460

DSC_0431

実際に装着してみると、ヤグラは思ったよりコンパクトに作られていてスマートです。またシートチューブの傾きを考慮してヤグラの台座が設けられているのが細かいところですが好評価!

前乗り気味のセッティングを出したい人にオススメです。(前乗り自体は膝を痛めたり、疲れやすくなったりといった傾向もあるので、無闇にオススメはしませんけど^^;)

 

サイズと重量は?

DSC_0430

全長は400mmとロングサイズ。サドルレールクランプ部からシートチューブ挿入限界ラインまでの実際に使える距離は275mmです。長いです。

DSC_0441

軽くないです。でも400mmの長さで301gはそんなに重いわけでもないですよ。

image

私は13cmほどカットしました。70gの軽量化。270mmで230gくらいならぼちぼちの重さでしょう。(カットすると保証対象外になりますので自己責任でお願いいたしますm(__)m)

むしろF FRDは軽すぎるのでちょうどいい(笑)

安心感は重量以上のシートピラーです。

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 4.25 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on FacebookPin on PinterestTweet about this on TwitterShare on Google+