BBB ロード用エアロヘルメット「ティトノス」 中村龍太郎選手インプレ 「見た目を裏切る通気性がある!」

Photo by Koji Okamoto
自転車競技は落車とかが起きなければ殆どパーツに代わり映えはないので、顔周りだけは毎年のように変えている私です。
今年はBBBのティトノスを使わせていただいております。 
正直に申し上げますと暑いであろうと思っていました。
エアロヘルメットが主流になっている昨今。ベンチホールとエアロは相反するものがあり、その答えは未だ出ていないと言ってもいいと思います。
であるのなら、見た目の割に涼しい、というのがこのヘルメットの特徴かと。
フロントに空いた二つの大きな穴から風が入ってきて、頭の中を通り、後ろの二つの大きな穴から出ていく。
後ろの穴もヘルメットを手で持った状態で前から見てみると、見事にまっすぐ穴が貫通する構造になっています。
流体力学に詳しくはなくても理にかなっている気がします。
TTヘルメットにも見紛うフォルムだったため暑いの覚悟で被りましたが、被っていて辛いということはありませんでした。
もちろん通常のベンチホールが多く空いているヘルメットに比べたら暑いですが、 他社のエアロヘルメットに比べても遜色ないレベルで通気性は良いと感じています。
水をかけた時に入っていかないという点はありますが、そこは上を向いて穴から直接注入すれば何とかイケマス。
Photo by Itaru Mitsui
クッションも三パーツだけ+一つ一つが大きいので外しやすく、洗濯の際に無くしづらい(主婦お墨付き)。
クッションは一般的なヘルメットに比べると分厚くて、オメガフィットシステムというローター式の調整システムと合わせて頭の形に非常にフィットし、安心感があります。
頭の形状もよりますが、横が割と狭い頭の形状をしている私にとっては非常にフィット感はよかったです。
重量が気になるところですが、頭を振ってもずれないのは軽さよりも重要なポイントだと思っています。
今回私はFDJモデルを供給いただき、FDJマークの真上にNESK-ARTさんに依頼してイナーメマークをつけてもらいました。 表面がつるっとしているのでそういったステッカーでのアレンジもしやすいと思います。
個人的には「もがいてます」というシールを貼り付けたらスプリント中の写真とかで面白いな、と考えたのですが 勇気が無かったので誰かやってください。
以前は見た目そんなに恰好良くないと感じていましたが、大きいレンズのサングラスをつけると意外にしっくりくるデザインだと思います。
もちろんエアロ効果も十分あるので、TTヘルメットほどではないけど平坦で速く走るための一つのツールとして一考の価値あるヘルメットだと思います!
商品ページ

中村 龍太郎(なかむら りゅうたろう)

チーム:イナーメ信濃山形

2015年全日本選手権個人タイムトライアルチャンピオン。一般企業に勤めるフルタイムワーカーでありながら、Jプロツアーを走り1桁台の順位を量産。トラックレースにも参戦し、全日本オムニアムでは3位。毎週末のようにレースに参戦し、レース数はプロをも上回る。

主な成績

・2015年 全日本選手権 男子個人タイムトライアル優勝
・2015年 Mt.富士ヒルクライム優勝
・2016年 全日本選手権オムニアム3位
・2017年 JBCF Jプロツアー 前橋クリテリウム2位

使用機材

ロードバイク:Felt AR FRD

TTバイク:Felt DA1

トラックバイク:Felt Tk FRD

ヘルメット:BBB ティトノス

ブログ

https://www.riteway-jp.com/itemblog/category/topathlete/orang

Facebook

https://www.facebook.com/siegeryde

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (No Ratings Yet)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+