BBBオススメ携帯工具「プライムフォールドL」 飯田忠司

バイクライド時のもしものトラブルの為に工具を携帯している人は多いと思います。

これまで私のバイクライド時の携帯工具と言えば

パンク時のタイヤレバーと、各パーツの締め付け具合、ポジション修正為のアーレンキーセット。

以上。

定番と言えば定番でしょう。

しかし、スクールで指導する立場になり、セッションやイベントなどで幅広い年齢、レベルの沢山の方と接する機会も増えると、その分、様々なバイクトラブルに遭遇する場面も増えてきました。

そんな時、アーレンキーセットだけでは対応できない場面もあり、せめてプラス、マイナスドライバーくらい、できれば更に多くの工具を備えておく必要もあるなと感じる事も多くなりました。

かといって沢山の工具を持ち運べる量には限度があるし、ライドで持ち運ぶのなら、できるだけコンパクトにしておきたい。

 

そんな時に出会ったのがこのBBBのプライムフォールドでした。

商品ページはコチラ

 

私の選んだプライムフォールドLは

片手にすっぽりと収まる範囲にも関わらず、なんと16機能も搭載してるという優れもの。

16種類とは以下の通り。

ヘックス(アーレンキー)2~8㎜、プラス、マイナスドライバー、トルクス25T、チェーンツール、スポークレンチ(4サイズ)、パッドスプレッター。

多用するヘックスに加え、先述のプラス、マイナスドライバー、滅多に登場しないが、もしもの場合にあると助かるチェーンツールも装備。

更にクローム加工されているので耐久性もあり、ネジ穴を傷つけてしまうリスクなども避けられる。

これだけの機能であれば、大抵のバイクのトラブルは対応できるはずで、ライド中のトラブルへの不安感は一掃され普段のトレーニングでの安心感が増してきます。

 

もちろんこんなに機能はいらないからもっとコンパクトに!という方にも朗報。

プライムフォールドには私の選んだLの他にM,Sとあり、それぞれ機能に特徴があるので、自身の必要性に応じて、選ぶ事ができます。

 

個人的にはアルミケースの美しいブルーが自身のチームカラーのイメージにピッタリで、所有欲も満たしてくれてGOOD!

 

皆さんも、プライムフォールドで「ワンランク上の安心感」を気軽に持ち運んでバイクライドに出かけてみてください!

 

飯田 忠司 選手

プロトライアスリート、コーチ
トライアスロンスクールI-STORM代表
日本トライアスロン連合指導者養成委員
埼玉県トライアスロン連合理事

<主な成績>
2011年 佐渡国際トライアスロンAタイプ 優勝
2012年 佐渡国際トライアスロンAタイプ 2位
2013年 五島長崎国際トライアスロン エリート2位

スクール情報(I-STORMサイト)
www.i-storm-tri.com/

オフィシャルサイト
www.iidatadashi.com

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+