SDA王滝の新定番ハイドレーションバッグ キャメルバックの「CHASE BIKE VEST」が新しくなりました

SDA王滝の定番ハイドレーションバッグとして高いシェア率を誇る「CAMELBAK キャメルバック」

そんなキャメルバックからこの度、新作のハイドレーションバッグ「CHASE BIKE VEST」がリニューアルしました。

CAMELBAK CHASE BIKE VEST

価格 ¥15,800 (税込¥17,380)*リザーバーつきの価格です。

ちなみにリザーバーだけを単体で買おうとすると、価格は¥4,300 (税込¥4,730)

バッグだけの価格を考えると¥11,500(税込¥12,650)ということになりますので、決して高すぎるバッグではないです。

パッと見はランニング用のバッグパックかなという見た目ですが、自転車専用バッグとして開発されています。

CRUX™リザーバー1.5L

ホースが太くなって飲みやすいのがポイント。

1.5Lというと、ロングサイズのサイクルボトル2本分位。

100キロ~120キロで1.5Lだと足りない場合には途中のエイドでリザーバーに補充が可能です。

給水がストレスフリー

Quicklink™ システム

リザーバーとホースが脱着できるので、バッグからリザーバーだけを取り出して給水が可能。本体に逆止弁がついていて漏れません。

取っ手がついているので、滝や川の水を入れたり、水道の蛇口から入れるときにも楽々。

口も大きいので、氷を入れたりすることも可能。

クリーニングも手を入れてできるので衛生的です。

サイドに目盛がついていますので、おおよそどれくらい入れたか一目で分かります。

CHASE™ BIKE VEST Mountain Biking

リザーバー本体を持たなくていいので、スレスレまで水を入れることができます。

フタの取っ手が大きいので、力を入れやすく開け閉めもやり易いです。グローブをはめたままでも作業が可能。

CHASE™ BIKE VEST Mountain Biking

噛むだけでOK、ビッグバイトバルブ

軽く噛んで吸うだけで飲めるビックバイトバルブ。

口から離せば水は漏れません。バルブ下のレバーを立てれば完全ロックも可能。

車に積んだりするときにロックすれば、うっかり漏れてくることも無くなります。

冷やしたドリンクを入れておけば、背中から体温の上昇を抑えてくれるので心拍数の上昇を抑える効果もあります。

CHASE™ BIKE VEST Mountain Biking

リザーバー上部のフックをバッグのベルトに引っかけてずれないようにします。

リザーバーにアクセスするジッパーは青で区別されています。

ホースが暴れないように固定しておくフックがついています。

新作は通気性がアップ

旧作と比較し新作はメッシュ部の通気性がアップしました。冷たい飲み物を入れたときの体感温度が下がりますね。

胸部分の収納

左側にはジッパー付きの収納。携帯電話やカメラなどを入れるのに便利です。

メッシュ部にはパワージェルなどを入れるのに便利です。

右にはメッシュ部ポケットが2つ。パワージェルと飲んだあとのゴミを入れるのに便利。

入り口が狭くなっているので荷物が落ちにくくなっています。

胸には上下に可動式するベルト。下は伸縮性のあるベルトで呼吸が苦しくならないようになっています。

リアライトを引っ掛けるループがついています。

背面収納

ジッパー付きの収納、サイドまでジッパーが伸びています。

ゴムで伸縮するオープンポケットにはラフに物を入れることができます。

かなり伸縮するので、例えばレースのスタート直前まで着ていたウインドブレーカーなどをさっと収納できます。

ジッパー付きポケット2つ目。ここには貴重品収納のメッシュポケットがついています。

中にフックがあるので、鍵などをつけておけば紛失の心配はなくなります。

調整はベルト胸と脇のベルトで行います。

サイクルジャージのポケットが使える

サイクルジャージのポケットを邪魔しないデザインです。ウエストベルトが無いので、バッグをしょった窮屈な感じがなく、ストレスフリーです。

*写真は旧型&取扱のないカラーになります。

CHASE™ BIKE VEST Mountain Biking

紹介動画

詳しい商品情報はこちらから

ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス

鎌田でした。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。