ガーミン ベクター3ペダル オーバーホールマニュアル

この作業は専門の技術を持った自転車専門店で行っていただくことを推奨します。

ペダルスピンドルを分解して組み立て直すことで、部品の清掃やグリスアップを行うことができます。

用意する物

4mm六角レンチ

15mmペダルレンチ

PH00ドライバー(+の精密ドライバー)

外径17mm以下の12mmソケットレンチ

自転車用グリス

・バイクからペダルを外す

ペダルレンチ(15mm)を使ってペダルを取り外します。
左のペダルスピンドルは、逆ねじです。

・4mmの六角レンチを使ってバッテリーカバー①を外す

*両側正ネジです

Device with the hex key and a glyph

・ボタン電池を外す-②

・③のネジをPH00ドライバーで緩める(正ネジ)

・④のバッテリーケースを外す

・12mmのソケットレンチを使ってスピンドルナット⑤を緩める

*右ペダルには黒のスピンドルナットがあり、逆ネジになっています。左ペダルには銀色のスピンドル・ナットが付いています。

左のスピンドルには、レンチのフラット部分にラインが入っています。左右を間違えないように作業を行ってください。

ペダルにガタが出てしまった場合はここを締めると改善する場合があります。

・⑥のスピンドルをペダルボディーから引き抜く

・⑦⑧のシールをペダルボディーから外す

*どちらのシールも円錐形で、テーパーのついたスピンドルにフィットします。向きにご注意ください。

 

 

Exploded view of the device with glyphs

クリーニング後、逆の手順で組み立てていく

部品から古いグリスをすべて取り除く

インナーシール⑦をペダル本体に挿入する。

アウターシール⑧をスピンドルにスライドさせる。

ペダルボディ内のベアリングに自転車用グリスを塗布する。

スピンドルに自転車用グリスを塗布する。

スピンドルをペダル本体に挿入します。

ペダルレンチでスピンドルをしっかりと固定しながら、12mmのソケットレンチを使ってスピンドルナットに7lbf-ft(10N-m)のトルクをかけます。(10 N-m)に設定します。

*スピンドルナットを確実に固定するためには、推奨トルク仕様で締め付ける必要があります。

ナットが適切に締め付けられていないと、走行中にペダルが脱落し、物的損害や重篤な身体傷害、死亡事故につながる恐れがあります。

バッテリーキャリッジと2本のネジを交換します。電池と電池カバーを交換して、手で締め付けます。

*O-リングガスケットを傷つけたり、なくしたりしないでください。

4mmの六角レンチを使って、バッテリーカバーを静かに締めます。

注:バッテリーカバーを締めすぎないでください。O-リングガスケットが見えなくなったら、カバーは十分に締まっています。

ペダルのLEDが赤で1回点滅します。

ペダルを取り付けます。

記事元:https://www8.garmin.com/manuals/webhelp/vector3/EN-US/GUID-1614637F-1B8A-466C-A208-9CA9EA626921.html

公式動画がありましたので追記しました(2021/7/1)

ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス

鎌田でした

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。