トレイルライドにも安心のヘルメットを BBB ショアー BHE-59

こんにちは!

天気の良い週末が続いていますね。路面が乾燥して見通しも良く、虫も少ないのでトレイルライドが楽しい時期です。

ところでオフロードライドを楽しむ皆様、ヘルメットはどうしていますか?
嵩張るので、オンロード用と共用している方が多いかもしれませんね。

コストパフォーマンスに優れた製品が特長のBBBにも、オフロード向けヘルメットのラインナップが追加されています!
今回ご紹介するのは「ショアー  BHE-59」
オフロード向けラインナップではミドルグレードという位置づけです。
実際にトレイルライドで使用してみました!

 

広範囲で頭を覆う安心感

見た目ですぐ分かるのは「覆う部分が広範囲」という点でしょう。
この「ショアー」は下りメインのエンデューロ競技での使用を想定しているため、 後頭部の深い部分までしっかりと覆われています。

のんびりトレイルライドでも、落ち葉に隠れたぬかるみや根っこにタイヤを取られて、転倒する場合もあります。

様々な方向から頭を守れるタイプのヘルメットは是非とも用意したいアイテム。

かぶってみると、帽子のように頭をすっぽりと包んでいて、安心感があります。冬には温かいというメリットも!

 

形状は比較的円形に近く、日本人にも合いやすいのではないでしょうか。
サイズ調整ダイヤルの他、内側のスパイダーアームで、被り込みの深さを立体的に調整できます。

重さはMサイズ実測で337gでした。
これだけ被り込みが深いのに、比較的軽量です!

 

トレイルライドに欠かせないバイザー

もう一つ特徴的なのは「長めのバイザー」ではないでしょうか。
トレイルライドでは、突然、枝や葉っぱが頭上から迫ってくることがよくあります。


今の時期は少ないですが、蜘蛛が突然上から降ってくることもありますね。
顔面を守るバイザーは必須。もちろん日差しの眩しさからも守ってくれます。
かぶった状態で角度調整ができるのが特徴。

大きめのベンチレーションホール

しっかり頭を覆う分、中の蒸れも気になります。風が通り快適さを保つ大き目のベンチレーションホールが13か所に設けられています。

暑い季節にはしっかりと風通しを保ってくれるでしょう。

 

柔らかいパッド

頭に接触する部分が多いので、快適さも重視するポイントではないでしょうか。パッドがとても柔らかいので、しっかりとダイヤルを締め付けても当たりがソフト。長時間でも快適にかぶっていられました。また、このパッドは速乾なので、汗をかく時期でも快適さが続きます。

トレイルライドを楽しむ皆様、ヘルメットもオフロード向けに変えてみてはいかがでしょうか?

 

オフロード用らしい外観も、トレイルライドへ誘う気分を盛り上げてくれます!
ではまた良いライドを!

製品サイトはこちら

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。