道の上のマエストロ。 「BBB BHE-10 MAESTRO MIPS」

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

ヘルメットを選ぶとき、何を決め手に買いますか?

重量の軽さ、フィット感、ルックス、いろいろな要素があると思いますが、そもそものヘルメットの本質的な目的は頭を守ることにあるということに異を唱える方はおそらくいないでしょう。

ロードバイクを自身の趣味としていると、自分、友人と多くの事故・落車を見ていく中で改めて安全性の高いヘルメットの必要性を考えさせられます。

スポーツヘルメットの安全性という意味では昨今、MIPSという最新の落車時の頭部への回転衝撃を緩和する最新の機構を組み込んだものの普及が進んでいます。通常のヘルメットは頭部を打ち付けた際にEPSフォームが衝撃を緩和しますが、MIPSモデルはヘルメットに挟み込んだMIPS層が内部でスライドして更に衝撃を逃がすというものです。

今回そんなより安全性に考慮したMIPSモデルがBBB定番ロードヘルメット“Maestro”に追加されました!

 

機能・外観

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

基本的なシェル形状はMaestroと変わりありませんが、Maestro MIPSはマットカラーが効いていてかなりシックな見た目です。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス正面から見てもシンプルながら精悍で且つ洗練された印象のグラフィックです。

かなりエアベンチレーションホールが大きく取られ通気性も良く、セミエアロなデザインと前面投影面積の小ささから一定のエアロ効果にも期待できます。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

通常のMaestroにも採用されているHaloGuardインナーケージ。このインナーケージを採用することで強度を確保しヘルメットが打ちつけられた際の崩壊を防ぐだけでなく、構造的に大型ベンチレーションをヘルメットに設けることを可能とした安全性と通気性を両立させた独自機能です。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス後頭部はメカメカしい排熱口といった趣が格好いいビジュアルです。ヘルメット内部のモールドとあわせて見ると、前面から取り入れ後ろへ逃がす空気の流れを研究したデザインであることが良くわかります。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

後頭部には反射素材デカールが採用されているほかクリップ式ライト等が取付可能な穴が設けられています。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

ヘルメット内側のパッドをはがすと話題のプロテクションシステム “MIPS” が露わになります。この灰色の樹脂レイヤーが黄色のシリコンで留められている形になっており、衝撃を受けた際ヘルメットと装着者の頭が分離して動きます。これによってヘルメットが回転衝撃を逃がす仕組みです。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

MIPSレイヤーはヘルメットのモールドに沿ってカットされ、ベンチレーションの穴を塞がないよう作られています。頭に装着した際、MIPSレイヤーが外から見えることもありません。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

ちなみにこのMIPS層は後頭部のクロージャ―と一体となるように整形されています。これによりヘルメット内部に余分なパーツを設ける必要もなく、締め付けの快適さも保てます。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

クロージャーはBBBハイエンドヘルメットおなじみのダイアル式オメガフィットシステム。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

周長の他、ヘルメットの被りの深さも細かく設定でき、理想のフィット感に調整可能です。

 

使用感

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

正直なところ私はMIPSヘルメットが今回初体験で、使用するまではヘルメットの間に樹脂のシートが入り込む異物感があるのではないかと訝しんでいました。一度ライドに出れば短くても2-3時間ヘルメットは被っているため、快適性を犠牲にしたくないという気持ちが強かったです。

実際に被ってみたところ、通常のMaestroヘルメットと比較しても快適性が損なわれているという印象は受けませんでした。内部のレイヤーがヘルメット内の空気の流れを阻害しているようなこともなく、8月の真夏日でも問題なく使用でき、クロージャーと一体化したMIPSレイヤーが自分の頭の周長にあわせて縮んでくれるのでオメガクロージャーの広い調整幅もあり、フィット感も非常に優れています。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

あえて欠点を上げるとすればその重量かと思います。MIPS搭載のMaestroヘルメットは重量がMサイズでおよそ330gと、近年の超軽量モデルと比較すると重いです。この点についてはBBBのヘルメットに対する開発姿勢が特に安全性を重視しているためです。

MIPSレイヤーとは別に本モデルに限らず高密度のEPSフォームを採用し、ヘルメットのモールド内部にインナーケージを設けているBBBのヘルメットは通常より多少重量が増える分、確実にライダーの安全を保ちます。

いずれにしてもヘルメット自体のフィット感が優れているため、装着した際の重量は体感ではあまり気になりませんでした。

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

もう一点このヘルメットの気に入ってる点はなによりもビジュアルの良さです。自転車大国オランダで独自設計・デザインされたヘルメットは洗練されたルックスと必要な性能のみを突き詰めた機能美を併せ持ち、ロードライディングにおけるどんなシーンでも際立った洒脱さを演出してくれます。

トレーニングライドからロングライド、果てはカフェライドまでいつでも持ち出したくなるようなヘルメットです。

 

BBB Maestro MIPS BHE-10 マエストロ ミップス

ライダーの安全を最大限保ち、プロダクトそのものの美しさや装着時の快適性にも妥協のない自転車大国オランダのパーツ・アクセサリーメーカーが創り上げたヘルメット「Maestro MIPS」。

およそ自転車ヘルメットに求められうる全てを満たす、手に取れば必ず満足できる一品です。

 

商品詳細はこちら!

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter