財布にも収まる超コンパクトな自転車用ケーブルロック BBB「ミニセーフ」

坂バカスタッフRYOです。ロードバイクでライドに出るときは基本的にバッグを持ち歩かないので、ウェアのバッグポケットで荷物たちが陣取り合戦しています。コンパクトにまとめるためには、いかに小さな製品を選ぶかが重要です。中でも自転車のカギは場所を取るので重要です。BBBから世界最小レベルのロックがありますので紹介します。

 

BBB ミニセーフ[BBL-52]

ちょっとした休憩時に活躍するコンパクトなロックです。こういったロックは本格的な工具があれば切断することが可能なのですが、それでも自転車泥棒にとってあるのと無いのとでは大違いです。

 

超コンパクトで財布にも入る

USBメモリと比べるとよく分かりますが、驚くほどコンパクトです。

 

ミニツールやチェーンコネクトピン等はすべてこのウォレットに入れているのですが、ミニセーフもまったく問題なく収まりました。

 

閉じると四角の本体に収まるカギのデザインもコンパクトさに貢献しています。

 

コイルケーブル込みでおよそ60×60mm。

ロック単体でおよそ35×35mm。厚みは最大12mm。

重量も57gと軽量です。

 

1200mmのロングケーブルで前後タイヤ、フレーム、ポールをロック可能

コンパクトながらケーブルは120㎝のロングサイズ。一般的なロードバイクなら前後タイヤ+フレーム、さらに路上のポールにもカギをかけることが出来ました。

 

好きな番号に設定できるので忘れない

開錠番号は好きな番号に何度でも変更可能です。最初から番号が決まっているとなかなか覚えられないのですが、これなら大丈夫。また番号式のロックはカギを落としてしまうリスクが無い点もメリットです。

 

南京錠と違ってロックがしやすい

ケーブルの片方はロック本体とつながっているので、自転車にカギがかけやすいです。ロックとケーブルが外れてイライラするなんてことはありません。ケーブルは頑丈なスチール製で、表面は樹脂で覆われているので自転車に傷もつけにくいです。

 

ロードバイク乗りの必須アイテムです。

BBBミニセーフ商品ページ

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (3 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。