鈍感ライダーによるKCNCビッグプーリーキット インプレッション

KCNCのビッグプーリーキット「ビッグジョッキーホイールシステム9100」を実際にバイクに装着してみました。

リアディレイラーのプーリーキットの交換方法はこちら

装着の注意点

・チェーンの長さが足りなくなる可能性があります。

*今回はチェーンの長さを変えずに装着。アウター×ローにしても問題なく使用できました。

チェーンをカットしないのであれば交換は簡単

テンションプーリー(変速機の下の歯車)の取り付けボルトを外す

 

チェーンにテンションが掛かった状態で外すとボルトを抜いたとたんにプーリーが前に飛び出すので注意。インナ×トップにするか、フロントのチェーンを外してチェーンを最大にたるんだ状態にすると作業がしやすいです。

 

プーリープレートを大きくずらしてやればチェーンとディレーラーが分離します。

ナローワイドプーリーに注意

チェーンのトラブル予防のためにプーリーがナローワイド構造になっているのでチェーンとプーリーがしっかり噛み合うように取り付けを行います。

バイクへの装着完了

今回はチェーンも交換せず、長さも変えずに装着できたので、意外にあっさりと交換作業が完了しました。

実際に使用した感想

とにかく鈍感な私ですが、少し乗っただけでも違いを実感することができました。

・純正よりもわずかに抵抗が減る

ビッグプーリーでチェーンの曲がりが緩くなるためといわれていますが、回転の軽さがわずかですが体感できます。

・純正よりもチェーンの掛かりが滑らかでマイルド、音が静かになる

言葉にするのが難しいのですが、漕いでいて気持ちの良い滑らかさが不思議な感覚です。音も静かになります。

・たすき掛けでも意外に抵抗が増えない

たすき掛け気味にしていくと純正だと抵抗が増えていくのが分かりますが、ビッグプーリーは問題なし。

アウターギアのまま登りに入って一時的にローまで入れても大丈夫でした。

DURAACEの純正プーリーもシールドベアリングがついていてもともと回転が軽いので、劇的にというわけではないですが、はっきりと回転の軽さを実感することができます。

アルテグラやXTRにも使える

Ultegra RD-R8000とXTR RD-M9100 にも対応することが判明いたしました。

特にアルテグラクラスだと交換の効果をさらに実感できると思います。

お手ごろ価格

KCNCは超高精度の削り出しパーツで定評がありますので、品質については折り紙付き。

それでいて税抜価格が¥10,800と数あるメーカー品のビッグプーリーキットの中では破格の価格設定となっています。

*変速調整をしっかり行い、問題がないことを確認してご使用ください。

商品の初期不良以外の変速機周りの不具合については保証の対象外となりますのでご注意ください。

ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス

鎌田でした

商品ページ

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (5 votes, average: 4.80 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter