KCNCビッグプーリーキットの装着方法

KCNC BIG JOKEY WHEEL SYSTEM 9100

#304114 税抜定価¥10,800

KCNCビックプーリーキットをディレーラーへ装着する方法を紹介します。

DURA ACE 9100/9105 に対応 12T/16T 7075アルミ合金製 ベアリングにはステンレスを使用し耐久性も高い。ナローワイド型のプーリーになっているので、チェントラブルが起きにくい構造になっています。

<純正プレートの取り外し>

プレートストッパーピンの取り外し

赤印部分のネジを外します。
スプリングがきいていて工具が差しにくいので、ウエスなどを挟むとやりやすくなります。
ネジを外します。

Pテンションスプリングの緩め方

パンタグラフを動かして赤枠の部分を矢印方向に移動させます。
プーリープレートを矢印方向に回すとプレートにかかっていたテンションが解放されます。
Pテンションスプリングが緩んだ状態。ご覧の通りプレートが逆さまになります。

ストッパーボルトの取り外し

T-10ツールでストッパーボルトを外します。固いのでネジの頭を舐めないように注意してください。
ストッパーボルトが外れると、プレート全体が外れてきます。
プレートが外れました。コイル状になっているのがPテンションスプリングと呼ばれるものです。
スプリングの先端がはまる穴が2つあるので、元の位置を覚えておきましょう。

<ビッグプーリーキットの装着>

右がビッグプーリーキット テンションプーリーが迫力があります。

プレートストッパーピンの取り外し

取り付けの前にストッパーピンを外しておきます。

Pテンションスプリングを装着

純正の物と違い、穴がたくさん開いているのですが、純正と同じ位置になるように穴にバネ先端を入れます。
本体にプレートを差し込みます。

ストッパーボルトを戻す

隙間が出ないようにしっかりと押し込みます。
この状態でストッパーボルトを戻します。
ストッパーボルトを元通りに締めこみます。

プレートストッパーピンの装着

プレートをぐるっと回転させてテンションをかけた状態でストッパーピンを固定していきます。
手順は外した時と逆ですね。
ウエスを挟み込んでボルトが付けやすい位置に固定します。

<完成形>

DURAACEの角ばったデザインとKCNCの削り出し感がマッチしてなんともカッコいい感じになりました。
純正が160gですので、約10グラムの重量増となりました。

まとめ

予想していたよりも簡単に交換できることが分かりました。

重量も10g増加するだけ、お値段も1万円ちょっとで手がだしやすいKCNCのビッグプーリーキットはお勧めです。

詳しい商品情報はこちら

ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス

鎌田でした。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (5 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter