プロマックス ソルブのブレーキパッド交換 PROMAX SOLVE BBS-52

こんにちは、自転車通勤担当のサキです。
新しく買ったGTラボンバのブレーキ性能をグレードアップするためにパッド交換を行いました。

こちらラボンバ標準のプロマックス ソルブ ディスクブレーキ

プロマックス SOLVE ブレーキパッド交換 GTラボンバ (10)

そのままでも十分効くのですが、より強力な制動力を求めてBBBのディスブレーキパッドに交換です。
PROMAX SOLVEに使えるのはBBS-52、BBS-52Sの2種類。
Sがついているほうはメタルパッドになります。
試しにフロントをシンタード(メタルパッド)、リアには青色のレジンパッドを使用。

bbbブレーキパッド ディスクストップ BBS-52

簡単に交換手順を紹介

キャリパーをフレームから取り外します。

割ピンをプライヤーで真っすぐに戻します。

割ピンを引き抜きます。交換用パッドに割ピンは付属しないので紛失しないように注意。

パッドを指で押し出せば外れます。

取り出したパッドをBBBと比較、当たり前ですが同じ形です。

新しいパッドをキャリパーに挿入します。
この時にピストンを押し戻す必要があります。

無事装着完了です。

ディスクブレーキパッドの違いとしては、BBBのメタルもレジンも両方とも純正品よりも制動力がアップした印象です。
レジンの方がならし走行(ブレーキをかけてディスクパッド面とディスクローターの接触面を合わせる)をする前から結構強めに効いてくれます。さすがならし不要を謳うBBBのブレーキパッドです。
メタルパッドはちゃんとならし走行をしないといけませんでした。
きっちりならし走行をした後はどちらも十分タイヤロックできる制動力があり、気持ちメタルの方が強いかなという印象。
ラボンバは町乗りプレイバイクとして使っているので、それほどパッドが高温になることもなく、BBBのレジンパッドで十分でした。

こちらの記事はショップ向け技術情報です。
安全性に関わるブレーキのメンテナンスは専門店へご依頼ください。

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (1 votes, average: 5.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter