サイクルデザイン「CD」の大型バイクパッキング サドルバッグ インプレ

こんにちは、自転車通勤担当のサキです。

BBBのバイクパッキングバッグに続き、サイクルデザインのバイクパッキングバッグもインプレいたします。

サイクルデザイン バイクパッキングサドルバッグ

こちらは自転車に取り付けるホルダーとバッグが一体になっているタイプです。
バッグ生地全体の厚みがあるので、ロングツーリング時の大雨などでも安心ですね。
今回は11リットルのLサイズを使ってみます。

 

取り付け

シートポストへの取り付けは1本の太いベルクロ方式。

厚みのあるしっかりとしたベルクロです。

シートレール側は左右で2本のストラップに分かれています。

2か所を固定するとこうなります。

バッグの末端をクルクルと巻いて、バックルを止めて完成です。

バックルは根元から延びる部分を連結します。

大型サドルバッグはどれでもそうですが、ある程度シートピラーが出ている必要があります。最低10cmは必要です。
シートピンの段差でずれを抑えるようなイメージです。

使い勝手

レインウェアなどを固定するためのロープ。

こんな感じでボトルを入れることもできます。
仕事用の靴を縛るのも良いですね。

ストラップを通せる穴もあります。

容量は11リットルです。
試しにサイクルボトルが何本入るか実験。

7本のボトルが入りました!
これだけ入れば着替えも書類も行けますね。
A4書類を入れる場合は少し丸めないと入ってくれません。

 

一体型の大型サドルバッグはバッグそのものがしっかりしているのがメリットですが、荷物の出し入れが少し面倒です。
ササっと荷物を出したい場合は薄手のインナーバッグを使うのがお勧めです。

もっと楽に使いたいという方はセパレートタイプのBBBのバイクパッキングサドルバッグもいいですよ。

BBBの大型バイクパッキング サドルバッグ シートサイドキックインプレ

 

サイクルデザインの商品詳細ページはこちら。

https://www.riteway-jp.com/pa/013946.html

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (4 votes, average: 4.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter