ガーミンとスマートトレーナーを連携させてリアルコーストレーング

ガーミンEDGE1000Jとサイクルオプスのスマートトレーナーを使った連携方法を紹介します。

【ご用意いただくもの】

①ガーミンEDGE1000JもしくはEDGE1030

(*1030、520J、820Jは稼働実験をしていませんが、1030は1000の後継モデルなので、稼働するとしています。520Jと820Jもチャンスがあれば検証します。)

ガーミンEDGE1000J

②サイクルオプスハマー/マグナス

(*現時点ではマグナスは稼働実験をしていませんが、機能としては同じなので稼働するとしています。稼働実験をしたら追記させていただきます)

【準備①ガーミンにトレーナーを認識させる】

起動後、左下の設定ボタンを押す

設定画面が開くと「センサー」という項目があるので選択

EDGE1000J設定画面

次画面の「トレーナー」を選択

トレーナーの検索画面になるので、バイクを設置したトレーナーの電源を入れてクランクを回します。

センサーが見つかったら、選択して接続します。

接続するたびにパワー校正画面が出るので、念のため✓しておきます。

これで準備OK!

【裏技①ガーミンで負荷をマニュアル設定する】

ホーム画面の設定ボタンから

次画面の「トレーナー」を選択

EDGE1000J設定画面

負荷設定を選択

負荷設定の画面を開くと、GARMIN EDGE側から負荷が手動で設定できるようになります。

【裏技②ガーミンを使ってバーチャルトレーニングをする】

走りたいコースを登録する

*登録の仕方は以前の記事を参考にしてください。

これであなたも迷わない「GARMIN」「EDGE 510J」ナビ編 ガーミン エッジ510

インドアトレーニングモードを設定

設定画面のアクティビティープロフィールから

EDGE1000J設定画面

インドアを設定

EDGE1000J プロフィール画面

ライド画面の「コース」を選択

登録したコースから走りたいコースを選択する。

コースを選択して開始ボタンを押してスタートします。

ナビゲーションしますか?

と言うメッセージが出ますが、どちらをチェックしても大丈夫です。

スタートしたら、コースに応じて負荷が変わります。

高度画面を見ながら走ると楽しいです。

 

海外サイトではエッジ520を使ったスマートトレーナー連携が紹介されています。

【残念ポイント】

現時点でいろいろ試してみましたが、地図画面が動きません。

これについてはちょっとまだいろいろトライしているので、いずれ解決できるかもしれません。

「バーチャルトレーニングアプリって、月額で料金がかかるのでハードルが高いな」と思っている方は、まずはお持ちのガーミンを使ってチャレンジしてみるのもおすすめですよ。

以上ライトウェイプロダクツ カスタマーサービス

カマタでした。

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (11 votes, average: 4.09 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter