【BBの規格】PF30とBB386(BB386EVO)について

今回は分かりにくいBBの規格の中でもPF30とBB386についてまとめました。

PF30とBB386(BB386EVO)ってどう違う?

1.圧入部分の直径は同じ

フレームへのBB圧入部の直径は46ミリです。

PF30とBB386(BB386EVO)

2.フレームの幅(シェル幅)が違うだけ

PF30

シェル幅68ミリ(ロード)(または73ミリ(MTB))

BB386(BB386EVO)

シェル幅86.5ミリ

PF30とBB386(BB386EVO)

違いはこの2点だけ。

PF30とBB386(BB386EVO)に適合するBBは?

PF30とBB386(BB386EVO)

 

圧入部の径が違うだけなので、BBは基本の構造は同じ。

両者とも同じBBを使うことができます。

BBB BOTTOMPRESS

(BBO-01) #263501  税抜5,500円 (*シェル幅73ミリの場合はBBO-05 #263502)

*こちらの商品はBB386に理論上取付が可能ですが、メーカー推奨はPF30のみとなりますのでご注意ください。

PF30とBB386(BB386EVO)(BBO-01) #263501 BOTTOMPRESS

ベアリングの間にある、青いパーツがシェル幅に合わせて伸縮する仕組みになっています。

シェル幅68ミリのPF30の時は青いパーツを短くして使用

PF30とBB386(BB386EVO)(BBO-01) #263501 BOTTOMPRESS

シェル幅86.5ミリの時は青パーツを伸ばして使用します。

PF30とBB386(BB386EVO)(BBO-01) #263501 BOTTOMPRESS

24ミリシャフトのクランクを使用する場合

BBB BOTTOMADAPT

こちらをはめ込むことで24ミリシャフトのシマノクランクを使うことができます。

*PF30の場合

(BBO-16) #263505 税抜5,000円

(BBO-16) #263505 税抜5,000円

 

*BB386の場合

(BBO-17) #263510 税抜3,800円

PF30とBB386(BB386EVO)(BBO-01) #263501 BOTTOMPRESS (BBO-17) #263510 BOTTOMADAPT

取付専用工具が必要

BBB BRACKET KIT

(BTL-95) #102040 税抜15,000円

を使用してフレーム内部にベアリングカップを圧入する必要があります。

BBB BRACKET KIT (BTL-95) #102040

以上 PF30とBB386のBBについて、ご参考になれば幸いです。

ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス

カマタアツシでした

author:カマタアツシ ライトウェイプロダクツジャパン カスタマーサービス所属 海沿いに育ち、海のない埼玉県在住 3児の父 趣味はトライアスロン

 

 

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (24 votes, average: 4.38 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter