おすすめのロードシューズ DMT R3

DMTのセカンドグレード 「R3」のご紹介のレポートです。

ウエアに合わせやすいブラックをチョイスしました。IMG_8836

全体がマットブラックで一部がエナメル仕上げの高級感のあるデザインが特徴です。

IMG_8837

ソールは東レMR60カーボンIMG_8838

つま先にはベンチレーションホールがあり、出荷時にはテープで穴がふさがれています。

IMG_8840

土踏まずの少し前あたりにベンチレーションのピンホールが多数空いています。IMG_8841

足の甲側面にもベンチレーションのピンホールが多数空いていて、通気性を考慮しています。IMG_8842

タンの部分にはよりしなやかに足にフィットするようにスリットが入っています。手で触ってみても伸縮性が上がっています。IMG_8843

かかと内側には滑り止め加工がされていて、フィット感を増しています。

IMG_8846

つま先のベンチレーションから空気を取り込むように穴が開いています。

IMG_8847

全部で7個穴が開いていますが、外から照らすと4つくらいがきちんとベンチレーションの機能を果たしているように見えます。IMG_8848

もちろんアッパーは靴底の中心で縫い合わせる「袋縫い」という仕上げになっています。これで足に違和感なくフィットするように工夫されています。

IMG_8849

タンの足の甲の辺りにもベンチレーション加工がされています。

IMG_8850

インナーソールの裏側を見ると・・・

「道路の絵が描いてある!!」

DMTの遊び心ですね~

IMG_8851

もちろん、通気性もばっちり。IMG_8852

BOAシステムは一か所。ダイヤル一つで締め付けが調整できます。BOA L5 というダイヤルになり、リリースするときは・・・

IMG_8853

ダイヤルを上に引き上げます。カチッと上に上げると、ケーブルが緩んで靴を脱げる状態になります。IMG_8854

履くときは逆ですね 靴を履いて・・・IMG_8855

ダイヤルを押し下げて、くるくると回していけば締まっていきます。

IMG_8856

かかとのパーツは交換ができます。歩いたりして削れてしまった場合は交換パーツの販売があります。IMG_8857

かかとにはしっかりした樹脂のヒールカップ。かかとをしっかりホールドしてくれます。

IMG_8858

履いた感じは以前のDMTと同じサイズ感です。幅が狭い海外ブランドが多いですが、DMTは袋縫いを採用しているので、比較的足の幅が広くても、見た目よりもゆったりしています。IMG_8859

IMG_8860 IMG_8861

ちなみに筆者の足のサイズは25~25.5くらい 幅広足型です。

DMTのサイズは41がちょうどいいです。

サイズでお困りの場合は、お近くの販売店様にご相談ください。ためし履き用シューズの貸し出しも行っております。

以上、DMTのシューズ選びの参考になれば幸いです。

DMT R3の商品情報はこちら↓

https://www.riteway-jp.com/pa/dmt/170075.html

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (2 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。

気に入ったらシェア!Share on Facebook
Facebook
Pin on Pinterest
Pinterest
Tweet about this on Twitter
Twitter
Share on Google+
Google+