ロードバイク軽量化の最右翼!スカンジウム 超軽量シートポスト KCNC「TIプロライト」

簡単に100g以上の軽量化も可能なスカンジウム製ロードバイク シートポスト、KCNC「TIプロライト」をインプレッション

坂バカスタッフRYOです。

ロードバイクの軽量化の中でも、バイク上部にあるパーツの軽量化は特に効果的です。

重心が下がることで安定感が高まり、ダンシングやスプリントで車体を軽く振れるようになります。

KCNCのコストパフォーマンス抜群の、ハンドル、ステム、シートポスト「軽量化三種の神器」。

DSC_0615

ロードの軽量化ならコレ!KCNC軽量化三種の神器

 

 スカンジウム合金製でとてつもなく軽量

長さ350mm、27.2mm径の実測重量は153g(!)

 

ロードバイクで使うには長すぎるので100mmカット(加工は自己責任でお願いしますm(_ _)m)した250mmの状態で、123g(!!)

実際に手に持つと異常な軽さです(笑)

素材はスカンジウム合金。

スカンジウムというのはレアメタルで、アルミと混ぜて使用することで飛躍的に強度が向上します。

このシートポストでは素材の強度が高い分、限界まで薄く削り出して、超軽量に仕上げています。

シートポストはそこまで剛性が必要とされるパーツではないですからね。

ボルトはチタンです。

13,800円(長さ350mm、27.2mm径)でできる軽量化としては、抜群の効果です。

 

ダンシングが圧倒的に軽くなる

ところで、シートポストというのはダンシングの時に左右に大きく動くパーツですよね?

ここが軽くなるとダンシングの動きが軽やかになります。

これは間違いなく体感頂けるはずです。

例えると、FELTのF5(105完成車で約20万円)が、F1フレーム(フレームセットで約30万円)になったくらい、軽やかさに差が出ます。

 

サドルの角度調整がしやすいのが◯

DSC_0590

お気に入りポイントとして、サドル角度の微調整が簡単。

片方のボルトを緩めて、もう片方のボルトを閉めるだけです。

無段階に調整が可能で、サドルの固定力も高いシートポストシステムです。

ヤグラのオフセットは無いタイプなので、自分のポジションが出るかだけ確認が必要ですね。

 

カーボンレールサドルに対応するレールサポートキットも発売

純正のサポート25gと、

 

カーボンレール用サポートキット29gの重量差はわずか4g。

サポートキットを交換しても、カーボンレールサドルの軽量化の方が大きいです。

カーボンレール用サポートキットの商品ページはコチラ

https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/product/%e3%82%ab%e3%83%bc%e3%83%9c%e3%83%b3%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%82%b5%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%ad%e3%83%83%e3%83%88-carbon-rail-support-kit/

 

TIプロライトの商品ページはコチラ

https://www.riteway-jp.com/pa/kcnc/product/%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%88-ti-pro-lite/

 

KCNCのオススメ超軽量コックピットパーツはこちらでチェック

ロードの軽量化ならコレ!KCNC軽量化三種の神器

参考にならなかったまあまあ参考になった面白かった感動した (15 votes, average: 4.00 out of 5)
読み込み中...

↑星マークをクリックして、記事の評価をお願いします!
一番左が最低、右が最高評価です。